高比良由菜ちゃん初表紙の確率は99%!?

10月号表紙予想

f:id:GYOPI:20210820020751p:plain:rightニコラ9月号の表紙は、まさかの高1モ全員だったということで、それなら次は当然に次世代の番。

中でも、最も可能性が高いのが高比良由菜ちゃんの初表紙ではないでしょうか。

ということで今日は、10日後に発売となる10月号の表紙を予想してみます。


表紙の傾向

最近のニコラの表紙にはハッキリとした傾向があり、比較的予想が立てやすくなっています。

具体的なパターンとしては、なんといってもピン企画(目玉企画)=表紙に直結するということ。

以下、なぜ10月号が由菜ちゃんの初表紙と予想できるのか、この表紙の法則を中心に、根拠を示していきます。

ピン企画=表紙の法則

たとえば6月号。ピン企画として「セナとニキビの戦い」があり、その組橋星奈ちゃんが初表紙となりました。

続く7月号では、ピン企画「まのボディ特集」があり、広瀬まのかちゃんが、2年ぶりとなる2度目の表紙に登場します。

次の8月号はといえば、林芽亜里ちゃんのピン連載が夏休み拡大版となり、一挙6ページに増量。同時に、芽亜里ちゃんが2度目のピン表紙となりました。

目玉企画=表紙の法則

一方、目玉企画の場合はこんなパターンです。たとえば、5月号では新生徒会長&副会長の発表があり、そのまま正副会長となった”めあここ”による表紙。

最新9月号では、なんと全10ページにわたる超大型企画「05line団結夏祭り」があり、こちらもそのまま高1モ全員で表紙になっています。

法則の図解

f:id:GYOPI:20210820041229p:plain

表紙パターン

ということで、この通り。今年度に入ってからというもの、必ず表紙にはその号のピン企画、もしくは大型企画と関連したコが出るといったパターンが定着しているのです。

では、10月号のピン企画、もしくは大型企画のうち、最も表紙に直結しそうなものはどれでしょうか。

理由1:ピン企画

すると、最初に書いた通り高1モによる表紙は、今後しばらくの間、打ち止め感。

そこで中2&中3の中学生組から選ぶとしたら、近藤藍月ちゃんの「美オタ企画」もありますが、さすがに藍月ちゃんの表紙は時期尚早。

もはや由菜ちゃんのピン企画「もっと知りたい!美白シンデレラ」以外、あり得ないのです。

理由2:編集部評価↑

そんな由菜ちゃんは、ここに来て編集部からの評価も急上昇しているよう。

具体的には、9月号の撮影日記ページに、編集部コメントとして「性格がめっちゃ明るくなった!」。

また、8月号の撮影日記でも、同様に「メイクにボージング、表情が上達」「成長してる~」。

とにかくこうして、最近の由菜ちゃんは、すっかり編集部から気に入られ、撮影日記への登場機会が増加。なにより、日々の努力が高く評価されていることが分かります。

理由3:読者人気↑

もちろん、表紙モデルに最も必要とされる「読者人気」の条件も、由菜ちゃんは十分にクリアしています。

以下に示すのは、現在も投票受付中の最新版ニコモ人気投票「ニコモ総選挙2021夏」の途中経過となります。

f:id:GYOPI:20210820031413p:plain

中3トップ

この通り、「1番好き」「2番目に好き」「3番目に好き」のいずれの項目においても、すでに表紙を済ませた田中南ちゃんや、進級同期の関谷瑠紀ちゃんを抑え、由菜ちゃんが中3のトップに立っているのです。

しかも、3推し部門に限定して見ると、なんと全体で4位という。もはや、これだけの読者人気の裏付けがあるなら、表紙ができない理由がありません。

結論

ということで、ガーリー担当として、美白&小顔ナンバーワンに加え、運動オンチ(スポーツテスト企画で最下位)も、おバカ(学力テスト企画で最下位)でもナンバーワンに輝き、ニコモ内でのキャラもすっかり確立。存在感も十分な由菜ちゃん。

ニコプチから進級して来て1年2カ月ということで、まさに今が表紙の適齢期。

次のニコラ10月号では、そんな由菜ちゃんの初表紙が必ず実現すると予想します。