TNMステージ2の投票総数が発表!

投票数は?

f:id:GYOPI:20181127033955p:plain:right本日16日、ニコラ公式ツイッター&インスタグラムにて、TNMステージ2「ページ盛り上げ力」の読者投票総数が発表されました。

その数1899通。前回のステージ1が1694通でしたので、約200人多くのニコ読が投票に参加したことになります。


投票率は?

今回のステージ2の結果が発表される2月号は、年内28日発売ということで、投票締め切りは前回より1日短く、12月6日の消印有効でした。

受け付け期間も、たった6日間だったわけですが、こうして無事200増。投票率もわずかながら0.1ポイント増え1.3%に上昇しました(分母をニコラ実売14万9014部で計算)。

なお、次なるステージ3は、さっそく今月28日から投票スタートですので、これまでと比べ受け付け期間がグット長くなる上、お正月休みを含むため、一気に投票者数のアップが見込めるところです。

TNMステージ2の順位を完全予想

予想企画第2弾

f:id:GYOPI:20181215034011p:plain:rightTNM(Top of Nicola Model)のステージ2「ページ盛り上げ力」の読者投票が、先週6日に締め切られました。

結果の発表は、月末28日発売されるニコラ2019年2月号となります。

ということで今日は、ステージ1順位予想での反省点を生かしつつ、例によって模擬投票の結果を基に、ステージ2で1位から9位までに入賞するニコモを完全予想してみます。


反省点

ステージ1の結果から学んだ、予想する上での反省点は2つ。「投票順位の重視」と「主観の排除」です。

中でも、なんといっても大事だと痛感させられたのが、前者の投票する際の読者による順位づけの方。

ご存じの通り、TNMの投票用紙は「1位:○○」「2位:○○」「3位:○○」と、読者自身で順位づけして、3人に投票する形となっています。

で、1位が10p、2位が5p、3位が3pとして集計されるわけですが、ようするに、たとえ名前を書いてもらったとしても、2位だと1位の半分の価値、3位だと3分の1の価値しかないのです。

模擬投票の制度を変更

ステージ1の模擬投票では、この点を完全に無視して、単純に3人を選んで投票してもらったため、順位づけがすべて等しくなってしまいました。

そこで今回のステージ2模擬投票においては、1位、2位、3位とそれぞれ独立したアンケートを作成し、順位ごとに実際の配分ポイントを掛け合わせて算出するようにします。

また、第2の反省ポイントは、予想に応援する心情が入ってしまったこと。「ニコプチ進級より、オーデ小6合格こそエースになるべき」という信念のもと、予想において白井杏奈ちゃん(オーデ18期・小6合格)や、若林真帆ちゃん(オーで20期・小6合格)を、かなり上位に取ったわけですが、杏奈ちゃんは圏外、真帆ちゃんはギリギリ9位という成績。

そんなわけで、今回のステージ2予想の判断材料としては、「模擬投票の数字」と「編集部評価(ボーナス加算)」の2点に絞ることにします。

ここから本題

ということで、前置きが長くなりましたが、ここからさっそくステージ1の順位予想に入っていきます。

以下に並ぶ3つの投票結果は、それぞれ上から順に「TNMステージ2の1位は誰だと思う?」「2位は誰だと思う?」「3位は誰だと思う?」となります。

ちょうど本日、投票者数が1000人を超えたので締め切りとし、さっそく集計してみました。

ステージ2の1位は?

f:id:GYOPI:20181215034155p:plain

ステージ2の2位は?

f:id:GYOPI:20181215034202p:plain

ステージ2の3位は?

f:id:GYOPI:20181215034209p:plain

集計ルール

最初に書いたように、正規のTNMルールにしたがって、「1位予想」分は10倍に、「2位予想」分は5倍に、「3位予想」分は3倍にしてポイント換算しています。

出てきた投票結果は、こんな感じ。1位予想のトップ、2位予想のトップ、3位予想のトップがそれぞれ別のコになっている点、ニコ読さんたちも、しっかり考えて投票していることが分かります。

「1位投票」の価値

では、この結果の通りにステージ2の1位は青井乃乃ちゃん、2位は黒坂莉那ちゃん、3位は深尾あむちゃんで、すんなり決まるかといえば、そんなことはありません。

繰り返しになりますが、投票用紙の「1位欄」に書かれることは、「3位欄」に書かれることの3倍の価値があるのです。

たとえば、あむちゃんが「3位予想」のトップとして獲得したポイント(360p)は、「1位予想」の7位で獲得する若林真帆ちゃん(430p)より、はるかに少ないわけです。

ここからも、いかに投票数の10倍がポイントとして加算される「1位欄」に記入してもらうことが勝利の必須条件であることが分かると思います。

ボーナス加算

さらには、より話をややこしくして来るのが、編集部によるボーナスポイントの加算制度です。

今回、乃乃ちゃんに5000p、濵尾咲綺ちゃんたち3人には3000pが加算されることになっています。

そこで以下、「1位予想」「2位予想」「3位予想」のポイントを合計した上で、編集部ボーナスポイントを加算し、最終的なランキングを出していきます。

1.7倍

ただし、ボーナスポイントの"重み"の調整を図る必要があります。投票総数が1万もあれば、たとえ5000pといえども薄くなる反面、総数1000人程度だと、それだけで1位が確定するくらい一気に重みをもってくることになります。

今回、投票数は発表されていませんので、とりあえず前回と同程度(約1700)を想定。うちの模擬投票が1000ですので、単純に1.7倍しておきます。

こうしていよいよ、「1位票×10×1.7」「2位票×5×1.7」「3位票×3×1.7」を合算し、さらに編集部ボーナスを加算した最終ランキングが出来上がりました。

ステージ2想定順位&ポイント

f:id:GYOPI:20181215034222p:plain

乃乃ちゃん10000p超え

ステージ2では、編集部評価も唯一の「A」。MVPボーナス5000pも加えた上で、乃乃ちゃんが合計1万ポイントを超え、ぶっちぎりで1位になると予想します。

2位は、3000pのボーナス含め、人気&注目度急上昇の新モあむちゃんを大抜擢。そもそも、ステージ1でイキナリ6位に入ってきた点、今回さらに順位を上げる可能性も十分です。

そして3位は、なんとなんとボーナス加算無し。自分の力だけで5000p程度を獲得するであろう莉那ちゃん。あむちゃんとは、かなりの接戦となりそう。

ボーナス優位

以下、4位&5位も、ボーナスを獲得した咲綺ちゃんと藤本林花美愛ちゃんが分け合う形。こうしてみると、トップ5のうち、ボーナス獲得による入賞者が4人とズラり。

ボーナス加算が無しとなる6位以下のポイント数は、一気に1000p台に下がることからも、いかにボーナスポイントの影響が大きいか分かります。

たしかに、莉那ちゃんが強すぎるといえばそれまでで、莉那ちゃん1強を止めるにはこれしか方法がないのかもしれませんが、ボーナスの意味については、今後の課題となりそうです。

ステージ2で初入賞!?

ちなみに、ボーナスポイント無しの状態で、今回初の入賞が予想されるのは白井杏奈ちゃんと草野星華ちゃんの2人。

とくに杏奈ちゃんは、オーデ小6合格で表紙3回の上、海外ロケも経験しているように、TNM参加者でナンバーワンの実績を誇る優勝候補。ここらで挽回して、ステージ3からは、1位争いに絡んできてほしいところです。

終結

ということで、まとめます。1位はダントツで乃乃ちゃん確定。2位と3位は迷うところですが、ボーナスの力を信じ「アム⇒リナ」のままで。

4位と5位も、ボーナス組。咲綺ちゃんとリリちゃんでは、圧倒的に咲綺ちゃんの方に1位票が入っているので、順番は「サキ⇒リリ」で。

6位と7位は、高田凛ちゃんと杏奈ちゃんが、めちゃめちゃ僅差で並んでいますが、そこは前回3位ということで「リン⇒アンナ」のまま。

期待されながら、なかなか突き抜けられない真帆ちゃんは今回も8位あたりになりそう。で、問題は最終枠の9位。

初入賞の星華ちゃんを取るのか、それとも小林花南ちゃんを取るのか。その差もわずか60pということもあり、ここは思い切って予想をいじって、前回入賞の花南ちゃんに差し替えてみます。

1位予想 青井乃乃
2位予想 深尾あむ
3位予想 黒坂莉那
4位予想 濵尾咲綺
5位予想 藤本林花美愛
6位予想 高田凛
7位予想 白井杏奈
8位予想 林真帆
9位予想 小林花南