7月号ニコラ表紙予想! わかりみ説

表紙予想

6月1日発売、ニコラ7月号の表紙予想です。

次号の表紙は、ニコ読さんたちの間で、まことしやかに言われている”かいあき”で、ホントに確定なのでしょうか。

うちのサイトとしては、あえて別の視点から、”わかりみ”説を推してみたいと思います。


位置づけ

まずは、7月号の表紙の位置づけから確認していきます。

本来、7月号といえばハワイロケ。当然ながら、表紙もハワイ選抜メンバーが登場することになっています。

ですがご存じの通り、コロナの影響で、2020年以降はハワイ企画自体が中止となっていて、今年もロケに行っていないことは、容易に想像ができます。

表紙の谷間

さらに今年に限っては、とくに「創刊25周年記念の年」に当たり、8月号が記念号になるという特別な事情も、これに加わります。

つまり、例年なら7月号の表紙になるべき各学年を代表するオールスター勢ぞろいとなる海外ロケメンバーが、そのまま8月号の記念表紙にスライドするということです。

であるなら、その直前となる7月号は、まさに谷間。記念号の表紙に出られるほど強力ではない”2軍メンバー”による、露払い的な位置づけと考えられます。

かいあき温存説

この点、最初に書いた通り、多くの読者から7月号の表紙として本命視される高橋快空ちゃん&近藤藍月ちゃんの”かいあき”はどうか。

もしも7月号が、かいあき表紙だとすると、記念号である8月号の「次世代エース枠」も、この2人が濃厚であり、2号連続となってしまいます。

たとえ、「7月号には”かいあき企画”がある=2人が表紙になるパターン」と解釈できたとしても、2人はやはり記念号に取っておくとして、ちょっと別路線を狙ってみます。

副会長の不在

ではここで、改めて2022年度の表紙モデルを振り返ってみます。

と言っても、まだ新体制のスタートから2カ月しかたっていないわけですが、その初っ端の5月号では、会長関谷瑠紀ちゃん+次世代”かいゆず”が表紙になりました。

続く6月号は、満を持して1番人気のエース高比良由菜ちゃんがピンで登場しました。

すると、副会長である凛美ちゃんが、いまだに表紙へ登場していないことが分かります。

未来の朝ドラ女優

凛美ちゃんといえば、まさに今、ドラマ日曜劇場マイファミリー」への出演が大きな話題となっていて、数々のメディアから取材が殺到。ネットや雑誌、スポーツ紙など、様々なところで取り上げられています。

編集部としては、凛美ちゃんが最初に出演した5月1日の放送に合わせ、その直前に発売された6月号で表紙にするという手もあったんでしょうが、そこは由菜ちゃんのピンが優先された形です。

次しかない!

他方、凛美ちゃんが、25周年記念となる8月号の表紙になれるかといったら、そこはまだまだニコモとしては実力不足。

表紙実績も、現時点でわずか1回であるうえ、単純な人気で見ても、学年内の4番手に過ぎません。

何より、ここで強引に凛美ちゃんをエース認定し、8月号の表紙に出すとしても、そのころは肝心の出演ドラマが終わってしまっているのです。

要は、表紙にするなら話題になっている今しかない。まさに、次の7月号こそ最後のタイミングというわけです。

相手探し

以上の理由により、7月号はドラマとの”連動効果”を狙った表紙になるということで、まずは凛美ちゃんを確定とします。

とはいえ、さすがに凛美ちゃんのピンは無いので、あとは相手探しです。

すると、まさにピッタリの相方がいるではありませんか。

トキの番

ここで再び、新年度の表紙モデルを3大ブランドの観点から眺めてみると、5月号でレピピが出て、6月号ではラテが出て、残っているのはラブトキのみ。

そんなラブトキの宮本和奏ちゃんですが、こちらも凛美ちゃん同様、さすがに25周年号での表紙というのは荷が重すぎるタイプです。

よって、表紙に出すなら、和奏ちゃんも7月号こそピッタリといえそうです。

結論

何よりこうすることで、25周年記念号を前に、3大ブランドのイメモが全員1度ずつ、おひろめ表紙を済ませることができる。

同時に、生徒会長も副会長もそれぞれ1回ずつ、おひろめ表紙を済ませることができる。

おまけに、トップモデルの”るきゆな”と、次世代エース”かいあき”を、記念号である8月号に向けて温存できる。

まさに一石二鳥ならぬ一石三鳥といえる完璧パターンであることから、7月号の表紙は凛美ちゃん&和奏ちゃんの”わかりみ”1点予想としてみます。

昔から中山あやかちゃんはギャルだった

小学からギャル志向

編集部が中山あやかちゃんに関して、今月号の撮影日記で「実は根っからのギャルだった!」とコメント。

実際、あやかちゃんといえば昔から、それこそすでにプチモに合格した小5のときからギャルに憧れていて、新モQ&A企画の中でも「目標・憧れ=みちょぱさん」と答えていたりします。

ということで、そんなあやかちゃんについて、デビューからプチ時代をへて、ニコラ時代にいたるまでの細かい情報&エピソード満載の個別ページはこちらです。

中山あやかページ

あやここ

ちなみにプチ時代、あやかちゃんと1番の仲良しだったのが、初登場が金髪という本家ギャル井口虹姫(いのくち ここ)ちゃんというのも納得。

2人は今でも、一緒にディズニーに行ったり、動画を撮ったりして、お互いのインスタに載せています。

とまあ、こんな予備知識を持ったうえで、改めて今年初めに公開した小説ニコモ物語「ニコラ学園ウラ生徒会編」を読んでみると、オチの部分含め、より楽しめるのではないでしょうか。

ウラ生徒会物語

ミスセブンティーンに受かる学年

ST編

ニコラモデルオーディション、ミスセブンティーンともに、今年の応募受付は終了しました。

うちのサイトでは、今月の初めにニコモオーデの受かる学年についてまとめたわけですが、今回はセブンティーン編です。

来年以降、ミスSTを受けようと思っている人や、ニコラとSTのどっちを受けたらいいか迷っている人は、参考にしてみて下さい。


応募条件

ニコラの応募条件が小5~中3であるのに対し、セブンティーン中1~高3と、やや年齢が高めに設定されています。

とはいえこれは、ニコラ同様、あくまで「ルール上、応募することが可能な学年」に過ぎません。

実際に合格するのは特定の学年に偏っているし、ほぼ受からない学年だってあります。

では、セブンティーンに受かりやすい、または、受かりにくいのはどの学年なのでしょうか。具体的に見ていきます。

データの見方

以下の一覧は、広瀬すずさんたちの受かった2012年から、森崎美月ちゃんたちの受かった2021年まで、過去10年分のミスセブンティーンについて、合格者それぞれの合格時の学年を、年度別にまとめたものです。

学年ごとの合格率を、より分かりやすくするため、一覧の下にはグラフも作ってみました。

ミスST合格者の学年


歴代ミスST合格者一覧

中2と中3で7割

セブンティーンの合格者の学年別の内訳はこんな感じとなっています。

中2と中3で合格者のほぼ7割を占有。残りを、高1と高2が15%ずつ分け合っていることが分かります。

一方、最年少となる中1の合格実績は、過去10年でただ1人だけ。2016年に受かった田鍋梨々花さんを最後に、以後6年連続で出現ゼロとなっています。

高3はゼロ

同様に、最年長である高3合格も似たようなパターンで、こちらは過去10年で実績ゼロ。

2011年に新川優愛さんが受かったのを最後に、以後は10年連続で出現がありません。

ということで、募集対象は中1から高3まで幅広く取られていても、実際に合格するのは中2から高2まで。

応募上限である高3や、下限である中1の場合、よっぽどのことが無い限り受からないというわけです。

ニコラと比較

では最後に、前回見てきたニコラの合格範囲と、今回見てきたセブンティーンの合格範囲を比較し、学年別にどっちに応募したほうがより受かりやすいか、より有利か答えを出してみます。

以下の対照表は、それぞれのオーデで受かりやすい順に「◎⇒○⇒△⇒×」で印をつけたものです。

学年別の受かりやすさ



学年別アドバイス

あなたが小学生である場合、もうニコラしか応募できませんので、ここはニコラ1択。とくに小6は、ニコラで最も受かりやすい学年となっています。

あなたが中1である場合、ニコラへもセブンティーンへも応募できますが、中1でのセブンティーン挑戦はかなり無茶。対してニコラは、中1が最も受かりやすい学年の1つであり、ダンゼン有利です。

あなたが中2である場合、こんどはニコラが無謀な挑戦。対してセブンティーンは、中2が最も受かりやすい学年となっています。

あなたが中3か高校生である場合、ニコラの中3合格実績はゼロですので、必然的にセブンティーン1択となります。

すみ分け

ニコラとセブンティーンについて、それぞれ応募すべき学年は以上の通りとなります。

応募可能な学年は被っているものの、現実的には「中1まではニコラ/中2以上はST」と、完全にすみ分けがなされていることが分かると思います。

とにかく狙い目は、表中に「◎印」と「○印」の入っている学年ということで、来年以降、どちらのオーデを受けるか迷っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。