部数の推移にみるニコラのティーン誌No.1時代

ティーン誌トップ争い

f:id:GYOPI:20181119033804g:plain:rightちょうど去年の今ごろ、「ニコラがセブンティーンを逆転し、ついにティーン誌ナンバーワンの部数になった」というニュースが、大きな話題となりました。

これに伴い、各号ニコラの表紙1番上に入るキャッチフレーズも「中学生雑誌ナンバーワン!」から「No.1ティーン雑誌!」へと変更。現在に至ります。

では、あれから1年。その後のニコラとセブンティーンの部数の関係はどうなったのでしょうか。今日は、最新の印刷部数が先週発表されたので、これを機に両誌の部数の推移を確認します。



部数の推移(2016→2018)

f:id:GYOPI:20181120011954g:plain

f:id:GYOPI:20181119034132p:plain

グラフについて

上のグラフは、2016年から2018年の最新分まで、過去3年間におけるニコラ(赤色)とセブンティーン青色)の部数の推移を、四半期ごとにまとめたものです。

部数逆転ニュースの根拠となった日本ABC協会発表の"実売部数"は、なかなか一般には公開されないため、今回の数字はとりあえず、日本雑誌協会発表の"印刷部数"となっています。

分岐点

さて、どうでしょう。最初の逆転ニュースの通り、今回の元データとした印刷部数でみても、当然ですがこの通り。同様の結果となっています。

グラフにあるように、2017年まではセブンティーンの方がニコラを圧倒していたのに対し、今年に入ってから、その関係が見事に逆転したことが分かります。

ただし、分岐点は2018年の1~3月期と4~6月期の間であり、時期としては、実売データよりもちょっと遅くなっています。

ニコラの勝因

では、一連の逆転劇を成し遂げたニコラの勝因はなんだったのでしょうか。この点、やっぱりニコラの「安定性」には目を見張るものがあります。

なにしろ、グラフからもハッキリ見て取れるように、ニコラはここ数年、19万を下回ることは1度も無く、常に20万前後を維持。

加えて、2016年の後半以降はずっと、わずかながらではありますが、ジワジワと確実に上昇を続けているのです。

セブンティーンは?

対してセブンティーンはどうか。逆転の分岐点として先ほどあげた2018年の1~3月期から4~6月期にかけて、一気になんと3万部も減らしています。

しかも、今回発表された最新分の2018年7~9月期では、さらに7千500も減っていて、ついに18万台に突入。グラフの下降が止まらない状態となっています。

ライバル不在

ということで、ティーン誌ナンバーワンの座の逆転について、改めてその要因を考えてみると、単に通常運転しているだけのニコラに対し、勝手にセブンティーンがコケただけ。

今回の数字の勢いから見ても、両誌の部数の差は、おそらく今後ますます広がっていくはずです。

最大のライバル、ピチレモンの休刊から、早くもまる3年。もはや、同じ中学生雑誌としてのライバルは不在ですし、このままニコラの「ティーン誌ナンバーワン時代」はしばらく続いていきそうです。

ニコプチ新モは越智美月さん&井口虹姫さんに決定!

キラチャレ2018終了

f:id:GYOPI:20170318021839p:plain:right本日行われた「キラチャレ2018」のモデル部門において、ニコ☆プチ賞を受賞したのは、小5の井口虹姫(いのぐち ここ)さんと、小6の越智美月(おち みづき)さん。

ニコプチ賞といえば、基本的に毎年1人というのが定番だったわけですが、今回のように2人が同時受賞というのは、黒崎レイナさんたちが受賞した2009年以来で、実に9年ぶりのこと。(⇒参考:受賞者一覧)

また、越智さんは、モデル部門全体のグランプリ(キッズの部)も受賞ということで、去年の石山えこちゃん同様、ダブル受賞となります。


キッズとティー

ここで「キッズの部」と出て来ると、モデル部門の特別賞の1つである「ニコ☆プチKIDS賞」と紛らわしいし、去年まで無かった区分であるため、ちょっと補足しておきます。

そもそも、キラチャレのモデル部門は、これまでずっと、部門全体でグランプリが1人選出されていました。

それが今年からは、小学生以下を対象とした「キッズの部」、中学生を対象とした「ティーンの部」、それぞれ別々に選考する形にルール変更。

これにより、同じモデル部門の中に、キッズ(越智)とティーン(吉本此那)、2人のグランプリが誕生することになったわけです。

キッズとKIDS

加えて、このモデル部門内の区分について、さらに紛らわしくしているのが、今回の両グランプリの年齢。

越智さんも、吉本さんも共に12歳ということで、一見「この2人、どうしてキッズとティーンに分かれてるの?」となりますが、そこは小6(越智=キッズ)と中1(吉本=ティーン)の学年の差というわけです。

なお、ニコプチKIDS賞(内田結菜)というのは、ニコプチKIDSのモデルになれるという、ニコプチ賞の姉妹賞。ニコプチ賞が小4以上であるのに対し、こちらの年齢区分は小3以下となっています。

まとめ

こうして、今年のキラチャレも無事終了。特にモデル部門では、グランプリが2人いたり、ニコプチ賞も2人いたり、越智さんはダブル受賞だったり、さらにはキッズだのKIDSだのと、いろいろ紛らわしいことだらけ。

もしかしたら、学年1コ違いなのに別々に選考する意味を含め、来年はまた改めてルールが変更となるかもしれません。

ということで、ニコプチ賞の受賞者である越智さん&井口さんは、年が明けて2月22日発売のニコプチ2019年4月号より、そろって専属モデルとして登場する予定です。

安村真奈ちゃんが筆頭格、キラチャレ出身モデル一覧

キラチャレ決勝大会

f:id:GYOPI:20171108033146p:plain:right今週の土曜日は、「キラチャレ2018」の決勝大会が、舞浜アンフィシアターで行われます。

キラチャレは、モデル部門で「ニコ☆プチ賞」を受賞すると、その場でニコプチの専属モデルになることが決定するわけで、プチ読にとって、大いに注目されるイベントとなっています。

ということで今日は、決勝大会の新プチモ発表を前に、歴代キラチャレ出身者について整理しておきます。


歴代キラチャレ出身(ニコ☆プチ賞)

f:id:GYOPI:20181118034429p:plain

ニコプチ賞ができるまで

上の一覧は、キラチャレのモデル部門にエントリーし、最終的にニコプチ賞を受賞したことをきっかけに、プチモになったケースを全てまとめたものです。

ニコプチの創刊が2006年の夏ですので、必然キラチャレ出身者の採用は、2007年の中島愛蘭さんが最初となります。

ただし、中島さんの場合、当時まだキラチャレ賞という特別賞自体は存在せず、モデル部門全体における「準グランプリ」の受賞者としてプチモ入りしています。

その後、キラチャレと分離した形で実施された「エイベックス×ニコ☆プチ公開オーディション2008」(飯豊まりえさんが合格しプチモ加入)を挟み、2009年より、ニコプチ賞が新設。現在に至ります。

ダブル受賞

ここで改めて、上の一覧の「受賞」欄を見て下さい。ほとんどがニコプチ賞となっているわけですが、現ニコモである安村真奈ちゃんのように、重ねて「グランプリ」と入っているコが何人か見受けられます。

そもそもニコプチ賞というのは、キラチャレのモデル部門における特別賞の1つにすぎません。部門グランプリを頂点に「ピンクラテ賞」「ナルミヤ賞」「審査員特別賞」など、様々な賞が用意されています。

そんな中でニコプチ賞は、たまたま副賞として「直通でプチモになれる権利」が付いてくることにより、実質的にグランプリ以上の存在感を持つことになっています。

ということで、真奈ちゃんや、現プチモの石山えこちゃん、最近は劇団4ドル50セントとして活躍する福島雪菜さんの3人だけが、グランプリとのダブル受賞となります。

ニコプチ⇒ニコラ

続いては、再び上の一覧の「その後」欄を見て下さい。ここには、受賞した後の行き先が入っています。

いずれもがニコプチ賞の受賞者ですので、ニコプチに行くのは当然ですが、真奈ちゃんはじめ、卒業後、さらにニコラに進級するケースも増えています。

黒崎レイナさんの場合、ニコプチ卒業後に、進級という形ではありませんがニコラへ。さらには、セブンティーンと進んでいます。

ということで、キラチャレ出身者は、そのままニコラに進級してくるケースも多く、ニコ読にとっても注目というわけです。

その他キラチャレ出身

最後は、上の一覧には載っていないキラチャレ出身者についてです。そもそも、一覧に入っていないということは、ニコプチ賞を受賞せずにプチモになったケースということで、ではいったい誰がいるのでしょうか。

たとえば、グランプリ&ニコプチ賞を真奈ちゃんが獲得したキラチャレ2015。ここでは、同じファイナリストとして審査員特別賞を受賞した、現ニコモ高田凛ちゃん、さらには受賞ナシの前田優衣ちゃんがプチモになっていますが、いずれもその後、改めてプチモオーディションに応募。これに合格してプチモとなりました。

ポップティーン生見愛瑠さんは、小4で受けたキラチャレ2011の落選組。同様に、プチモオーディションを受け、プチモになっています。

なお、現プチモの聡美ちゃんも同じ落選組。ただし、聡美ちゃんの場合は、モデル部門ではなく歌部門となります。

まとめ

ということで、新プチモの判明まであとわずか。今年はいったいどんなコがニコプチ賞を受賞することになるのでしょうか。

例年、決勝大会の日の夜には、ネットのニュース速報や、観覧者のツイッターなどで受賞者の名前が出回ることになっていますので、楽しみに待ちたいと思います。