なぜ加藤咲希ちゃんだけ呼び名が「かとぅ」なの?

ニコモの呼び名

f:id:GYOPI:20191210214905p:plain:right見た目は完璧に可愛いのに、2次元ヲタ&マイペースのゆるゆるキャラというギャップ。

最近人気が急上昇で、初表紙も近いとされる加藤咲希ちゃんですが、ニコモとしての公式ニックネームである呼び名は「かとぅ」となっています。

では、なぜ30人もいる現役モうち、咲希ちゃん1人だけが平仮名で、しかも名字の変形なのか。今日は、ニコモの呼び名事情につい考えます。


呼び名一覧

f:id:GYOPI:20191211012115p:plain

原則は下の名前をカタカナ

最も古い2015年オーデ加入の白井杏奈ちゃんから、今月加入したばかりの凛美ちゃんまで、現役モ全30人の呼び名は上の一覧の通りです。

原則は、というか、もう一律に下の名前をカタカナに変換するだけ。ニコラにおいては、他誌モデルやアイドルにありがちな、可愛らしいニックネームが与えられることは、一切ありません。

ですが例外が2人。それが咲希ちゃんの「かとぅ」と、藤本林花美愛ちゃんの「リリ」となります。

サキ被り

咲希ちゃんの場合、ニコラ加入時、先輩モに下の名前の読みが同じである濵尾咲綺ちゃんがいて、すでに「サキ」と呼ばれていました。

そこで咲希ちゃんには、例外的に別の呼び名が与えられることになったわけです。

具体的な方法としては、ニコラ2019年11月号の読者アンケートにて、広く呼び名を募集。結果、編集部が選考し、本人も気に入った「かとぅ」に決定したのでした。

リンカ被り

では、リリちゃんの場合はどうだったのでしょうか。現在のところ、名前が「リンカ」という現役モは、リリちゃんしかいないわけですが、そのリリちゃんの加入は2015年。

当時は、先輩に久間田琳加さん(⇒呼び名:リンカ)&大谷凜香さん(⇒呼び名:りんりん)と、ダブルで「リンカ」がいたため、当然リンカはNG。

だったら、リリちゃんのミドルネーム”美愛”から取って、「ミア」でも良かったころ、そこは同期合格に泉口美愛ちゃん(⇒呼び名:ミア)がいました。

ということで、リンカを変形させ「リリ」に落ち着いたわけです。なお、呼び名「リリ」は、編集部によりデビューとなる11月号でさっそく決定。平仮名で「りり」ではなく、カタカナ表記となります。

ユナ被り?

ちなみに、次に呼び名が被る可能性があるのは、意外と近くて来年のニコプチ進級。

もし、現中1で来年プチを卒業する高比良由菜ちゃんがニコラにやって来た場合、吉岡優奈ちゃんと「ユナ」で被ることになります。

この点、由菜ちゃんは現時点の表紙回数がプチモ2位タイ。2019年度の通年連載着まわし物語の主役に抜擢された上、この夏のハワイロケにも参加しているように、進級の可能性はかなり高そう。

このまま行けば、咲綺ちゃんと咲希ちゃんの「サキ被り」以来、2年ぶりに優奈ちゃんと由菜ちゃんの「ユナ被り」が発生ということで、リリちゃんが卒業となる来年は、咲希ちゃんと由菜ちゃんの2人が、平仮名による特別な呼び名となりそうです。

ユニットで予想!ニコラ2月号の表紙は誰になる?

2月号は晴れ着表紙

f:id:GYOPI:20191208011923p:plain:right今月28日に発売となる、ニコラ2020年2月号の表紙予想です。

2月号の表紙といえば、トップクラスの人気モデルが晴れ着で登場するのが毎年の恒例。

それでは、今回の表紙は誰になるのでしょうか。過去10年のデータから導き出される”ユニットの法則”に徹底的にこだわって予想してみます。


2月号の表紙データ

f:id:GYOPI:20191208021024p:plain

データの解説

上の一覧は、2010年から2019年までの過去10年間を対象とした、各年2月号の表紙に関するデータです。

内容は、右から「年度」「表紙モデル」「表紙モデルの共通点(ユニット名)」の3点。

なお、2014年のみ唯一の例外で、晴れ着ではなく普通の衣装による表紙となっています。

トップモデル限定

上の一覧からも明らかなように、毎年2月号の表紙は”新年を迎える号”という位置づけから、その当時のトップモデルがこぞって登場することになります。

基本、生徒会長(部長)や副会長(副部長)、もしくは次に会長や副会長になるコ。または現イメモ、もしくは次にイメモになるコといった感じ。

とにかく、2月号の表紙は他の号と比べても明らかに格上の存在。ゆえに、2月号で初表紙デビューするコは少なく、もちろん中2が出ることも難しくなっています。

ユニット優先

そしてもう1点。予想する上で何より重視すべきなのは、上の一覧の「共通性」の欄にある通り、完全にユニット優先です。

今回取り上げるデータとしては最も古い10年前の2010年こそ、当時のエースユニット川口春奈さんと立石晴香さんの「はるハル」に、初代プチ進級の伊藤夏帆さんがひょっこり加わっていますが、それ以後はユニット、ユニット、ユニット。

2011年、前年の変則3人表紙から伊藤さんが外れた純正「ハルはる」に始まり、「ラブフォー」「マリマリ」「TiFN」「スイガ」「みうりん」「みうりん&カノンカヤ」「とこみな」そして今年の「みあしお」。

こうして2月号には、その時々のニコラを代表する人気ユニットが、常に表紙に選ばれているのです。

人気ユニットを探す

これだけ分かれば、あとは簡単。現会長か現イメモ、もしくは次期会長候補か次期イメモ候補によって構成される、確固たる人気ユニットを見つければいいわけです。

では、2月号の表紙にふさわしい人気ユニットは、具体的にどれになるのでしょうか。

以下、ニコラ編集部公認で、かつ、読者の間ですっかり定着しているユニットについて検討していきます。

候補となるユニット

現在のニコラにおいて、本誌やニコラTVなどでユニット名が使われたことのある、編集部公認のユニットといえば、一般的に「ののりな」「あんさき」「ミスエッグス」「マホカナ」「エリン」「めあむーちょ」「めあここ」「アムナナ」「な組」「セナワカ」といったところが代表的。

うち、最初に書いた通り、2月号の表紙は”大物”がキーワードですので、さすがに中2以下は厳しいところ。

すると残るのは、高1による「ののりな」「あんさき」「ミスエッグス」と、中3による「マホカナ」「エリン」くらいしかありません。

さらに絞ると

そこから絞れば、現時点で表紙1回にとどまる高田凛ちゃんや多田成美ちゃんが含まれる「ミス~」と「エリン」も除外。

さらには、去年10月号以来もはや15冊も表紙から遠ざかっている上、役職からもイメモからも外れた白井杏奈ちゃんの「あんさき」も可能性は薄そう。

ということで、ユニットの面から見ると、もうこの時点で現トップモデル「ののりな」と、次期トップ確定の「マホカナ」の2択になってしまうのです。

”ののりな”の浸透度は?

この点、「ののりな」については、意外と定着していない、イメージが薄いといった感想を持つニコ読さんもいるかもしれません。

しかし、そこは今年のニコラ9月号67ページに掲載されている「ニコモ相関図」に注目します。

しっかり、編集部公認ユニットとしてあげられている4つのうちの1つに「ののりな」が入っているのです。

ののりな本命

そもそも現高1には、去年の「みあしお」やその前の「カノンカヤ」。さらにその前の「みうりん」といった、誰もが思い浮かべるような、学年を代表する人気ユニットが無いのが現状です。

とはいえ、今のところ12月号&1月号と、2号連続で中学生組だけによる表紙が続き、まったく高1組が出ていない点、さすがにそろそろ高1の出番。

それも、各号の表紙の中でも”最も格上”である晴れ着表紙となれば、そこは例年通り生徒会長黒坂莉那ちゃんに、TNMの優勝者青井乃乃ちゃんという人気&実力トップのユニット「ののりな」こそ2月号の表紙にふさわしいといえるのではないでしょうか。

マホカナ

一方、若林真帆ちゃんと小林花南ちゃんのマホカナはどうか。もちろん、ユニットとしての読者人気こそ「ののりな」より上位ではあるものの、いかんせん直前1月号で「めあむーちょ」と、合同の形ではありますが、すでに表紙に出てしまったのが難点。

もっといえば、去年10月号の250号記念号で、満を持してこのコンビを使ってしまったわけで、となればどうしても”二番煎じ感”が否めなせん。

だったら、そこは思い切って2017年パターンというのはどうか。ここで改めて、一覧表の2017年の欄を見て下さい。

唯一ここだけが、ユニット+ユニットの合体系。現ツートップ「みうりん」と、次期ツートップ「カノンカヤ」の4人表紙になっています。

そこで、同様の形として、現トップ「ののりな」と、次期トップ候補「マホカナ」による4人表紙を2番手の予想としつつ、可能性はちょっと低いですが3番手を「マホカナ」単独の再現とします。

中2の大抜擢

最後に、ちょっと例外的なケースを考えます。高1は確固たるユニット不在。中3はマホカナ既出ということで、緊急避難的に中2に晴れ着が回ってくることはあるのでしょうか。

この点、普通なら「さすがに無理」で終わるのですが、今年の中2には、SNSフォロワー数が全モ第1位、初表紙最短記録第1位、うちの人気投票でも第1位という、ニコラ史上最強の中2モ林芽亜里ちゃんがいます。

もしかして、芽亜里ちゃんなら、中2による晴れ着表紙が実現するかもしれない。ということで、ユニットとしての相方は当然阿部ここはちゃんか、深尾あむちゃんなわけですが、さすがに、あむちゃんになった場合、12月号、1月号、2月号と3号連続で表紙となってしまうため、「めあここ」1本に。

4番手として、「めあここ」単独を加えた上、ユニット合体方式の「ののりな+めあここ」の4人表紙と、「マホカナ+めあここ」の4人表紙も予想に入れてみます。

結論

ということで、以上みてきた予想をまとめてみます。結論としては「ののりな」「マホカナ」「めあここ」の3ユニットに絞り、それぞれ単独パターンと、組み合わせたパターンとなります。

1番手として「ののりな」単独。2番手として「ののりな+マホカナ」の現エース&次期エース。この2点が本線です。

さらには「マホカナ」単独。そして、目玉予想として「めあここ」単独に「めあここ+ののりな」、「めあここ+マホカナ」まで、合計6点としてみます。

1)ののりな
2)ののりな マホカナ
3)マホカナ
4)めあここ
5)めあここ + ののりな
6)めあここ + マホカナ