【ニコモで整理】芸能事務所に所属する方法

大手に所属

佐藤菜月海ちゃんはスターダスト。青山姫乃ちゃんはアミューズ近藤結良ちゃんはオスカー

ニコラに載っている「ファンレターのあて先」を見ると、ニコモは全員が大手の事務所に所属していることが分かります。

では、みんなどうやって所属したのでしょうか。今日は芸能事務所に所属する方法を、ニコモを例にとって整理します。


所属方法の分類

事務所に所属する方法は、大きく分けて2通り。各事務所が実施する「(1)オーディション」と、「(2)スカウト」があります。

そのうち、前者(オーデ)はさらに、東宝芸能の「東宝シンデレラ」や、ホリプロの「ホリプロタレントスカウトキャラバン」に代表される、大手事務所が定期的に実施する「(1-a)大型オーデ」

そして、各事務所が自社のサイト等で随時応募を受け付けている「(1-b)所属オーデ」の2つに区分されます。

ニコモ限定

これに、事務所に所属しない一般応募の形でニコモオーディションに合格した場合の「(3)編集部による紹介」を加えると、芸能事務所に所属する方法は全部で4通りあることになります。

さすがに言葉だけでの説明だと、ちょっと分かりずらいので、以上の所属パターンを図解にまとめるとこんな感じ。

所属パターン分類



現役モに当てはめ

ということで、これで芸能デビューするための大まかなパターンが分かりました。

では続いて、これら4パターンに、具体的に現役ニコモを当てはめ、だれがどうやって所属したのか見ていきます。

分類表の見方

以下の一覧を見て下さい。これは、所属分類表の中に、それぞれのコースに該当するニコモの名前を書き入れたものです。

中央の「現役モ欄」は24人全員分。右の「卒モ欄」は代表的な卒業生に限定。

1番下の「編集部紹介」パターンについては、とにかくオーデ出身全員ということで、個人名は省略しています。

ニコモの所属パターン



(1-a)オーデ/大型オーデ

順番に上から見ていきます。まず、大手事務所による大型オーデによって所属したケースが、白水ひよりちゃん。

ひよりちゃんは、2017年にアミューズが実施した「全県全員面接オーディション2017(九州・沖縄編)」に応募。審査員特別賞を受賞したことで、同事務所へ所属しています。

また、卒モとしては、小澤奈々花さんがオスカープロモーション実施の「全日本国民的美少女コンテスト」により、清原果耶さんはアミューズ実施の「アミューズオーディションフェス2014」により、それぞれ所属が決まっています。

(1-b)オーデ/所属オーデ

次は、オーデのうち、各事務所が個別に実施する所属オーデによるコースについて見ていきます。

基本的に、ネットなどで自分で見つけてきて応募。書類を提出し、通過すると複数回の面接を経て、合格すると所属が決まります。

現役では、ちょうど今月号でピン企画があり、そこで「今の事務所に小1のとき合格した」と語っている有坂心花ちゃんがこの分類。

同じく、今月号のオーデ合格物語で「小3のときスターダストの所属オーデを受けた」と語っている国本姫万里ちゃんもそう。

子役系が多い

その他、星乃あんなちゃんや、小松崎ふたばちゃんなど。

また、卒モでは今年の卒業したばかりの凛美ちゃんが代表的なケースです。

こうしてみると、自分で事務所に応募するパターンの場合、ニコモになる前から主に子役として活動しているコが多いようです。

(2)スカウト

スカウトはどうでしょう。中山あやかちゃんの場合、地元の「ゆかたコンテスト」に出場した際、事務所のスタッフから声を掛けられました。

東京在住の近藤藍月ちゃんは、小4のときに原宿でスカウトされています。

その他、卒モでは高比良由菜ちゃん&関谷瑠紀ちゃんといったところも、スカウトをきっかけに芸能界入りしています。

(3)編集部による紹介

最後は、編集部による紹介です。これは、ニコモオーデ合格者のうち、応募時、事務所に所属していない人が対象。

編集部が紹介する複数の事務所と面接を重ね、所属先を決めるパターンです。

基本的に現役モの該当者は、ここまで見てきた中で名前が上がっていない全員となります。

まとめ

ということで、芸能事務所に所属するパターンについて、ニコモを題材に具体的にまとめてみました。

もちろん、これら以外にも極めて例外的なケース、たとえば3代目ピンクラテイメモの香音さんのように「パパの紹介」や、おととしのプチモ卒業生藤岡舞衣ちゃんの「パパの個人事務所」といったパターンもありますが、とりあえず今日見てきた4通りを覚えておけば大丈夫です。