三月の転校生

中学生雑誌nicolaに関する日記

【24年度】ニコラは2度の合併号で10回刊

刊行計画

本日、新潮社の広告を扱うサイト「新潮社AD-wave」で、2024年度のニコラの刊行スケジュールが公表されました。

以下の通り、2024年4月から2025年3月にかけての1年間に発行される冊数は【10冊】に。

つまり、夏(7&8月号)と冬(1&2月号)に”合併号”が2度挟まれることになります。


ニコラの発売日(2024年度)



ウェブ重視

奇しくも同じ1日、ニコラの新しいLINE上のコンテンツとして「ガールズラボ」が始動。

SNSの活用含め、現編集長は明らかにWEBを重視していることが分かります。

そこにきて、2023年度は【1度】だった合併号が、今年度は【2度】に倍増することの意味は?

今度どうなる?

果たしてこの先、ニコラの発行形態はどうなっていくのでしょうか。

このまま、紙の形での発行回数を徐々に減らしていき、やがてニコプチのように【隔月刊】に、ゆくゆくはセブンティーンにように【季刊】にまで持っていくつもりなのか。

それとも、当分の間は1年に【10回】程度の発行が維持されるのか。今後の編集部の方針が注目されます。