ニコプチ連続表紙=ニコラ進級の法則

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35ニコプチ12月号

f:id:GYOPI:20210822025705p:plain:right:w12022日発売、ニコ☆プチ2021年12月号の表紙は小松崎ふたばちゃんと有坂心花ちゃんの2人。

とくにふたばちゃんについては、今回で3号連続の表紙登場となります。

では、2カ月に1回の発売であるプチにおいて、表紙3連続というのがいかにすごいことなのか。今日は連続表紙について見ていきます。


f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35一覧の見方

以下の表紙モデル一覧は、2016年から2021年まで過去5年、計30冊分のニコプチの表紙モデルをまとめたものです。

その中でも、連続表紙については、2回連続となる場合を緑枠で。3回連続については赤枠でそれぞれ囲っています。

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35表紙モデル一覧

f:id:GYOPI:20211021034820p:plain

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35連続表紙経験者の共通点

ニコプチの連続表紙パターンはこの通り。過去5年において、3号連続で表紙をやったのは林芽亜里ちゃんと、ふたばちゃんの2人だけとなっています。

一方で、2号連続の経験者はというと、高田凛ちゃんの重複分と、芽亜里ちゃんを除いて全部で10人います。

ではここでクイズです。この赤&緑の枠に囲まれた連続表紙経験者には、卒業生限定で、ある共通点が有ったりします。いったい何だと思いますか?

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35答え

パッと見ただけで共通点が思い浮かんだ人は、ある程度モデル事情に詳しい人ではないでしょうか。

答えは、ふたばちゃん&星名ハルハちゃんの現役組を除く全員が、プチ卒業後にニコラ進級、ポップティーン行き、もしくはミスセブンティーンに合格しているのです。

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35連続表紙経験者の卒業後

近藤藍月 ⇒ニコラ進級2021
森崎美月 ミスセブンティーン2021
犬飼恋彩f:id:GYOPI:20211021035941p:plain:h16 ポップティーン2021
高比良由菜 ⇒ニコラ進級2020
関谷瑠紀 ⇒ニコラ進級2020
中山あやか ⇒ニコラ進級2021
瀬戸琴楓 ミスセブンティーン2019
林芽亜里 ⇒ニコラ進級2019
田中杏奈 ミスセブンティーン2019
黒坂莉那 ⇒ニコラ進級2017
高田凛 ⇒ニコラ進級2018


f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35卒業後の行き先の保証

ニコプチにおいて連続で表紙を任されるということは、ニコラに行っても、セブンティーンに行っても十分やっていける実力があるというわけです。

これを逆から見れば、プチで連続表紙ができたなら、その瞬間にニコラ行きかセブンティーン行きが保証されたと考えていいかもしれません。

f:id:GYOPI:20210824033044p:plain:w35進級確定

ということで、現役プチモの連続表紙の経験者は、小6のハルハちゃんを除くと、いまのところ中1は、ふたばちゃんだけ。

しかも、芽亜里ちゃん以来、3年ぶりとなる3号連続記録というオマケ付きです。

となると、ふたばちゃんは、キャラ的にセブンティーンというよりは、どう考えてもニコラ向きですので、今回の3連続により来年のニコラ進級1枠目はふたばちゃんでほぼ確定と考えてよさそうです。