イメモが決まるまでの流れ

スケジュール整理

f:id:GYOPI:20190205014353p:plain:rightニコ読にとって、年間通じて最大の関心事といえば、3ブランドのイメージモデルに、それぞれ誰が選ばれるのかという点ではないでしょうか。

そこで今日は、2019年度の新イメモ予想に先立ち、まずは、イメモの選考がどんなスケジュールで進むのか。

選考のスタートから、イメモ決定、さらには読者への発表にいたるまでのスケジュールを、簡単に整理してみます。


イメモ決定の流れ

f:id:GYOPI:20190205032322p:plain

候補決定

イメモの選考がスタートするのは中3の秋から冬にかけて。具体的には、中3モのなかから複数の候補者が選ばれることになります。

この点、「レピピは、クロちゃんとノノ」「ラテは、あんちゃんとサキ」「ラブトキは、リリとナルミ」といったように、ブランドごとに候補者が選ばれ、それぞれ本人に伝えられるという説が1つ。

もう1つは、「クロちゃん、ノノ、リリ」と、まずは編集部が3人の候補を選出し、伝達。そこから、本人の努力とブランドの意向により、後に正式に割り振りが決定するという説です。

伝達

続いて、年が明けて、1月中にも本決定。そこからすぐに、基本的に事務所を通じて本人に伝えられることになります。

たとえば、現レピピ7代目泉口美愛ちゃんの場合、「連絡を受けたのは2月の頭」と、イメモ就任インタビューで語っているし、4代目永野芽郁さんも、6代目清原果耶さんも、マネージャーさん経由。

一方、同じレピピでも5代目久間田琳加さんの場合、「5月号の撮影中に一緒だったメイちゃんから(ドッキリとして)伝えられた」というケースも。

5月号の撮影は、2月の終わり頃にあるということで、いずれにしても2月中に本人に伝えられることになっているようです。

初撮影

ここまでの過程は、全て内々に行われるものであり、特に最終的な落選者に限っては、話が一切オモテに出ることはありません。

みごとイメモ選出されたら、3月中にも、ニコラ誌面でのイメモお披露目のための撮影に臨むことになります。

ということで、ここまで来たらあとは読者への公表を残すのみ。2月中に決定したイメモは、いつ公表されるのでしょうか。

公表

6月号のニコラ誌面で発表というのが厳守されます。すでに、ニコラ最大のイベント「東京開放日」の時点(毎年3月の終わり)で、イメモは決まっているわけですが、この場では完全にスルーされることになります。

ただし、開放日のファッションショーの着用ブランドから、イメモの配置を見破る裏ワザがあるのですが、この点に関しては、後日改めて書く予定です。

また、公表までの間は、ブランドショップでの撮影の際、たまたま客として来店していた読者に発見されでもしたら、今はSNSがあるので一気に広まってしまうため、撮影もヒミツ裏に、ショップ開店前に行われます。

交代式

5月1日、誌面での発表があって、直後には、イメモ交代式(レピピの場合)。その他、ラテもラブトキも、それぞれ新イメモのデビューイベントが5月中に待っていて、いよいよイメモとしての活動が本格的にスタートすることになります。

ということで、イメモが決定するまでのスケジュールは、だいたいこんな感じ。

まさに今ごろ、青井乃乃ちゃんに「8代目レピピ決定!」の連絡が来ているかも?と期待しつつ、イメモ予想2019最終結論に続きます。

藤本林花美愛ちゃんイメモ説

初表紙の意味

f:id:GYOPI:20180415015825p:plain:right小6でニコラのオーディションに合格し、ニコモになった藤本林花美愛ちゃん。

そんなリリちゃんが今月、ニコモ歴3年6カ月目にして、ついに待望の初表紙となりました。

では、この時期に表紙になったという事実は、いったいどんな意味を持つのでしょうか。

今日は、中3の終わりという、イメモの決定が目前に迫った今、リリちゃんに表紙が巡ってきた理由を考えます。


サラちゃんの場合

中3の終わりギリギリに、駆け込みで初めて表紙になったケースといえば、去年の南沙良ちゃんの例が真っ先に思い浮かびます。

沙良ちゃんの場合、小6デビューから3年5カ月目となる、2018年2月号で初めて表紙となりました。

そんな沙良ちゃんは、その後どうなったのか。もちろん、ラブトキシックのイメージモデルになったわけです。

駆け込み表紙の法則

去年の今ごろの沙良ちゃんといえば、みあしおはもちろん、川床明日香ちゃん、さらには宮原響ちゃんに次ぐ、トレガル世代の序列5位とされていました。

当然、その5人の中で、最も表紙が遅かったことからも、さすがに「サラちゃんにイメモは無理」というのが、当時のニコ読さんたちの共通認識。

そこをあえて、うちの日記では「南沙良イメモ説」を唱え、みごと予想が当たったわけですが、その根拠がまさに駆け込み表紙の法則。話は、更に1年前にさかのぼります。

トレガル世代 初表紙年表

f:id:GYOPI:20190203012806p:plain
涼凪ちゃんの初表紙はイメモ発表後(2018年11月号)なので参考外

青島さんの場合

沙良ちゃんの1代前のラブトキイメモといえば、メルTVのTNM動画でもおなじみである青島妃菜さん。

では、そんな青島さんの「初表紙⇒イメモ就任」と続く経緯はどのようなものだったのでしょうか。

すると、中1デビューの青島さんは、ニコモ歴2年1カ月目となる中3の10月号にて、初めて表紙となりました。

当時の青島さんと同学年である「どんどこどん世代」の情勢といえば、後に部長となる香音ちゃんと、後にST行きとなる清原果耶さんによるツートップ。

次いで、中3でハワイ&おはガール中野あいみさんが3番手。さらには小6デビューで、5人のうち表紙1番乗りの小林恵月さんもいて、青島さんの序列は、実質世代最下位でした。

初表紙も、事務所オーデ中2加入という後発の清原さんと一緒で、世代中もっとも遅い中3の10月号。これまた沙良ちゃん同様、さすにがに「イメモは無理」が常識でした。

ところがところが、そんな青島さんが、中3の秋に初めて遅咲きの表紙になると、その勢いをもって、一気にラブトキイメモの座を獲得したのです。

どんどこ世代 初表紙年表

f:id:GYOPI:20190203012822p:plain

イメモ内定

ということで、こうした過去2年の例からも明らかなように、駆け込み表紙=イメモ内定の法則が確かに存在します。

その意味するところは、表向きには「時間をかけて人気が上昇してきて、ついに表紙になって、そのまま勢いに乗ってイメモにも選ばれた」。

これを裏から見ると、「イメモになる際、表紙ゼロではさすがに説得力がない。イメモの候補になっているなら、中3のうちに表紙を経験させておくべきだ」。

では、この法則を、今回のリリちゃんの初表紙に当てはめ、今後の展開を読み解いていきます。

イメモへの布石

スタイル抜群、ウエストの細さナンバーワン、読者人気も上昇中。メーク、ポージングなどなど、モデルとしての実力もトップクラス。

何より、TNMでは、今回のステージ3「私服審査」の読者投票で1位(インスタ票で逆転され総合2位)になったように、リリちゃんはイメモの資格十分です。

加えて、今回の駆け込み表紙は、まさに去年の沙良ちゃんや、おととしの青島さんのパターンとそっくりであり、さらなる補強材料となり得ます。

現中3世代 初表紙年表

f:id:GYOPI:20190203012907p:plain

ラブトキが適任

ズバリ、今回のリリちゃんの「同学年で最も遅い初表紙」が意味するところは、2019年度イメモ就任への布石。

そんなリリちゃんには、世代1番人気で部長級の指定席ピンクラテや、女優系が強いレピピというよりも、これまた上記”遅れて来た2人”と同様、ラブトキシックのイメモこそ、適任といえそうです。

なお、毎年恒例、3つのイメモポストを全て予想する「2019年度イメモ予想!最終結論編」は、来週の連休中に更新する予定です。

ステージ3結果発表!初入賞多数で大波乱

乃乃ちゃん2連覇

f:id:GYOPI:20190118001324p:plain:right本日発売のニコラ3月号にて、TNMステージ3の結果と、ステージ3までの通算ポイントが発表されました。

ステージ3単体では、18722pを獲得した青井乃乃ちゃんが、ステージ2に続いて2連覇を達成。

ここまでの全ステージ通算ポイントでみても、2位の藤本林花美愛ちゃんに、なんと1万ポイント以上の大差をつけて乃乃ちゃんがトップ。完全に独走態勢に入りました。

ということで、TNMステージ3単体の順位&獲得ポイントの内訳、さらには全ステージ通算の順位&獲得ポイント一覧は以下の通りとなります。


TNMステージ3結果

f:id:GYOPI:20190201212045p:plain

新モ・小6が大健闘!

乃乃ちゃん、リリちゃんは予想通りとして、3位には新モから野崎奈菜ちゃんが入ってきました。奈菜ちゃんは、インスタボーナスによる加算が1万ポイント以上ということで、私服SNAPの投稿をがんばった成果といえます。

また、4位にも奈菜ちゃん同様に初入賞となる組橋星奈ちゃん。星奈ちゃんは、4000ポイント以上を獲得した読者票の力が大きかったといえます。

その他、新モからもう1人、宮本和奏ちゃんも6位に入って来ているように、今回のステージ3は、3位以下の常連上位陣が、ガラッと入れ替わる大波乱。

優勝候補の黒坂莉那ちゃんはギリギリ9位だし、今月号が記念すべき初表紙だった高田凛ちゃんにいたっては、圏外になってしまいました。

あむちゃんは?

今回は、ステージ3終了時の通算ポイント上位9人について、併せてステージ3単体での順位も発表されたので、まずはこちらから見てきたわけですが、ここで問題が1点、浮かび上がってきます。

通算ポイントで10位以下の中にも、もしかしたらステージ3単体で9位以内に入っていたコがいるかもしれないという点です。

具体的には、ステージ1&2と連続で入賞中だった深尾あむちゃん。あむちゃんは、今回発表された通算順位は圏外に転落したため、ステージ3単体のポイントは非公表となっていますが、さてこれをどう考えればいいのでしょう?

あむちゃん9位の可能性

そこで、あむちゃんのステージ3獲得分について、計算で最大値を求め、ステージ3単体で9位となった莉那ちゃんと比較することにします。

あむちゃんのステージ2終了時ポイントは6741pでした。であるなら、あむちゃんがステージ3において獲得したであろうポイントは、通算順位9位の和奏ちゃん(11684p)との「差」より、少ないことは確実です。

11684 - 6741 > ステージ3獲得分
 ⇒アムちゃんは4943p未満である

上記の計算式より、アムちゃんのステージ3での獲得分は、最大でも「4942p」であったことになり、もしかしたらステージ3単体においては、莉那ちゃん(4890p)をギリギリ上回って、9位であった可能性もありそうです。

よって、ランキング表の一番下、莉那ちゃんと並べて、あむちゃんの名前も入れておきました。

TNM通算ポイント(ステージ3終了時)

f:id:GYOPI:20190201212140p:plain

一覧の見方

続いて、今回発表された、ステージ3終了時の通算ポイント&順位は、上記の通りです。

これまで9位以内に入ったことのある14人について、ステージ1、ステージ2、ステージ3と、それぞれの獲得ポイントを別個に表記したうえで、合計ポイントを入れてみました。

空白部分は、獲得ポイント非公表(不明分)。草野星華ちゃんについては、ステージ2終了時の通算分のみの入賞であり、計算によっても個別の獲得ポイントの内訳を求めることはできないため、全て空白となっています。

残り2戦

ということで、残すステージはあと2つ。現状、最初に書いた通り、獲得ポイントが唯一3万台に到達した乃乃ちゃんの独走状態ですが、果たしてこのまま最後まで突っ走るのか。それとも、まだまだ逆転劇は起こるのか。

この点については、来週更新する予定の、ステージ4の順位を予想する日記「乃乃ちゃん独走を阻止するため編集部が繰り出した禁じ手とは?」で詳しく分析・解説します。