高田凛ちゃん&藤本林花美愛ちゃん、初表紙!

3月号は3人表紙

f:id:GYOPI:20180930014612p:plain:right2月1日発売、ニコラ2019年3月号の表紙は、高田凛ちゃんと藤本林花美愛ちゃん、そして秋田汐梨ちゃんの3人表紙。

もちろん、凛ちゃん&リリちゃんは、今回が初めての表紙となるわけですが、やっぱりTNMでのがんばりが認められた格好です。

一方の汐梨ちゃんは、先月2月号の晴れ着表紙に続いて、2連続で表紙に登場。卒業を前に、再び表紙回数を伸ばしてきました。


9冊目で初表紙

これで凛ちゃんは、2018年ニコプチ進級3人組の中で表紙1番乗り。かつ、「7月号加入⇒翌年3月号表紙」という”9冊目初表紙”コースは、去年の黒坂莉那ちゃんと並んで、プチ進級組歴代1位となる最速記録でもあります。

また、現中2は6人いるわけですが、これまで表紙を経験しているのは若林真帆ちゃんだけ。今回、中2世代として、凛ちゃんが表紙2人目となりました。

真帆ちゃんが、いまだ表紙1回のままでとどまっている点、今後の中2は、凛ちゃんvs真帆ちゃんによるトップ争いとなっていきそうです。

1年半ぶりの連続表紙

汐梨ちゃんは、先月の”みあしお”表紙に続いて2号連続連、通算すると8度目の表紙。以下の表紙回数ランキングの通り、これで一気に大逆転。川床明日香ちゃんを抜き、現役モ単独トップに立ちました。

ちなみに、この連続表紙というのは、実はめちゃめちゃ久しぶりのこと。2018年は1度もなく、なんと2017年の6月号⇒9月号で4冊連続をやった香音ちゃんと、同年8月号⇒9月号で2号連続をやった清原果耶さんまで、さかのぼらなくてはなりません。(⇒参考:表紙モデル名一覧

ということで、毎年4月号は次世代モによる表紙が恒例となっていますので、トレガル世代にとって、あとは5月号の卒業表紙を残すのみ。明日香ちゃんと汐梨ちゃんによる表紙回数争いは、卒業を直前にして汐梨ちゃんの勝利で決着がついた感じです。

表紙回数(’19年3月号現在)

8回 秋田汐梨 高1 19期
7回 川床明日香 高1 18期  
4回 泉口美愛 高1 19期  
3回 白井杏奈 中3 19期  
3回 黒坂莉那 中3 進級  
3回 宮原響 高1 18期  
2回 濱尾咲綺 中3 20期  
2回 南沙良 高1 18期  
2回 青井乃乃 中3 20期  
1回 林真帆 中2 20期  
1回 多田成美 中3 20期  
1回 涼凪 高1 進級  
1回 高田凛 中2 進級
1回 藤本林花美愛 中3 19期

2019年ニコプチ卒業生のニコラ進級を考える

進級予想の人数編

f:id:GYOPI:20190130024510p:plain:right今年のニコプチ卒業生によるニコラ進級は、いったい何人になるのでしょうか。

これまでなら、毎年1人が定番だったわけですが、去年は突然高田凛ちゃんをはじめとする3人に増加し、ニコ読を驚かせました。

ということで今日は、今年ニコラにやって来るプチモが具体的に誰になるのか予想する前に、1人なのか、それとも複数なのか。まずは人数を確定させたいと思います。


過去のデータから

改めて整理すると、ニコプチ⇒ニコラ進級コースは、2008年の伊藤夏帆さんに始まり、2018年の凛ちゃんたちまで、進級ナシだった2014年を除き、全10世代で合計12人います。

以下の一覧表は、そんな12人のニコラ進級年度に加え、各自がニコラに新加入した際、同学年となる中2モが、その瞬間何人いたかをまとめたものです。

なお、表の中央「年度欄」にあるカッコ内の数字は、その瞬間に存在した同学年モ(中2)の人数を表します。

ニコラ進級と進級時の中2モ一覧

f:id:GYOPI:20190130022347p:plain

一覧の見方

これまで、ニコラの学年別データにつき、年度ごとに卒業生が何人いたかを表す「世代別データ」を作成したことはありますが、各年7月号時点における現中2モ一覧という、極めてマイナーなデータを出すのは今回が初。

何が新しいかというと、たとえば2018年の場合、一覧表に中2モとして加藤咲希ちゃんが入っていないわけです。理由は、オーデ中2合格(10月号加入)であるため、咲希ちゃんは同年7月号時点でまだニコモではなかったからです。

同様に、2013年の中2として中村里帆さん、2012年の中2として荻原里奈さんも入っていません。

また、事務所オーデによって、中2の終わり(年明け1月号)という、歴代ニコモで最も遅い時期に加入した駒井蓮さんも入っていません。

他方、ひとあし早く中3で卒業したオルトン花菜ベティちゃんは、中2の2017年7月号時点では現役であったため、名前が入っています。

たった2人だけ

進級制度が始まって11年のうち、実に10年は進級時に存在した中2モの数が4人から7人の間に収まっています。

で、唯一の例外となるのが2018年。なんと、7月号時点の中2モは、若林真帆ちゃんと小林花南ちゃんの2人だけしかいませんでした。

一覧表の上下をちょっと比較しただけでも、中2になってすら同学年が2人しかいないという状態が、いかに希少なケースか分かるというものです。

複数進級は既定路線

そもそも編集部は、ニコプチ卒業生の選考時に、そこから半年後のオーデで中2が受かるかどうかなんてとても予想することは不可能ですので、当然、ニコプチ進級以外の追加加入は無いこと前提にして考えます。

すると、各学年には「生徒会長×1」と「イメモ×3」で、最低でも4人が必要であるため、この時点で人数不足は明らかです。

ということで、2018年の早い時期、すでにニコプチ卒業生から2人以上採用することは既定路線だったといえます。

例外中の例外

ここから分かるのは、2018年の進級3人セットというケースは例外中の例外であったということ。

もちろん、2018年のように7月号時点で中2が2人というのはあまりに極端なケースですが、たとえば今年の中2(4月からの新年度)が3人、もしくは4人程度だったなら、ギリギリOK。

前例もあることですし、林芽亜里ちゃんと田中杏奈ちゃんといったセット進級は十分あったかもしれません。

今年の進級は?

しかし現実はというと、2019年度の中2は歴代でも最多となる7人もいるのです。しかも、生徒会長候補の優等生広瀬まのかちゃんに、やたらと読者人気が高い池未来実ちゃん、さらには新モながらTNM上位確実な深尾あむちゃんといった個性派ぞろい。

もはや、ニコプチから複数人をセット採用する理由は無いうえ、もし複数採用したなら、中2モの総数が2桁に届き、他の学年と比べても、突出して多くなってしまいかねません。

ということで結論です。あくまでも去年の3人進級は緊急避難的な特例措置。今年のニコプチ進級は例年通り1枠に戻ると考えてよさそうです。

山内寧々ちゃんが制服アワードグランプリ!

制服アワード

f:id:GYOPI:20170318021839p:plain:right制服ブランドCONOMiが主催する「第6回 日本制服アワード」の受賞者が本日発表。

グランプリに、ニコ☆プチ専属モデルの山内寧々ちゃんが選出されました。

寧々ちゃんは、これから1年間、CONOMiイメージモデルとして、カタログやWEB、雑誌広告、ファッションショーなどで活動することになります。


ニコラ行きの可能性は?

なお、制服アワードといえば、歴代グランプリには当時ニコラの中野あいみさん(第3回)が、歴代準グランプリにはセブンティーンになる前のマーシュ彩さん(第2回)や、ピチレモン卒業生の長崎すみれちゃん(第3回)などがいるコンテスト。

今回の受賞で、知名度もグンとアップしたことですし、今年のプチモ卒業生によるニコラ行きにつき、一気に寧々ちゃんの可能性も出てきたといえそうです。

過去の制服アワード受賞者一覧

グランプリ 準グランプリ
第1回 玉木瑛美 矢野優花
崎山眞羽
第2回 碓井玲菜 松永杏奈
マーシュ彩
第3回 中野あいみ 長崎すみれ
日下部美愛
第4回 鈴木えりか 柚木美音
小川沙樹
第5回 斉藤英里 悠花
野田心優