三月の転校生

中学生雑誌nicolaに関する日記

【新連載】どこより早い28期オーデ合格予想

第1回

ニコラモデルオーディションの応募が事務所に所属する人にも開放されて、今回で3度目となります。

過去2回の実際の合格者&ファイナリストの経歴から、どんな人が応募し、どんな人が最終審査に残りやすいのか、おおよその傾向が見えてきたところ。

そこで今日は、新連載「どこより早い28期オーデ合格予想」の第1回ということで、まずは合格パターンの全体像から整理します。


全体像

次の図解にあるように、ニコラオーデの主な合格パターンは全部で7通りとなります。

大分類として【事務所所属】と【無所属】があり、前者はそこからさらに個々の経歴によって5つに、後者は2つに細分されます。

以下、それぞれのコースについて詳しく見ていきます。

合格パターン



(1)小学生雑誌モデル系

ここでいう「小学生雑誌」とは、とくにニコプチ、Cuugal、キラピチの3誌を指します。

ただし、ニコプチには進級制度があるため、それに落ちたプチモ卒業生が改めてニコラオーデを受け直し、さらに合格するというのは現実的ではありません。

また、Cuugalについては、卒業時期が【中3】ということで、もちろん上妻美咲ちゃんの例もあるわけですが、こちらも現実的ではありません。

よって、実質的には【中2】で卒業するキラピチ出身と、【中1】で卒業するニコプチ読リー出身が対象となります。

(2)ジュニアブランド系

「アルジー」「ジェニィ系」「ナルミヤ系」「ピンクハント」をはじめとするイメージモデルに、「レピピ」や「ラテ」のWEBモデルなどなど。

小学生向けファッションブランドのモデル経験者が、次のステップとしてニコラのオーデに挑戦するケースも多くなっています。

過去2回で最終合格実績こそありませんが、ファイナリストには複数が残っています。


(3)子役事務所系

子役出身者や、子役系事務所の所属者も、ニコラのオーデが開放されたことで、積極的に応募するようになってきています。

27期の梨里花ちゃんがまさにそれ。

また、ニコラオーデ出身ではありませんが、稲垣来泉ちゃんや凛美ちゃんといったところも、編集部によるスカウト含みの事務所オーデによりニコラ加入。

要は、子役から女優へ脱皮する際、モデル業の兼任というのは一種のステータスとなりつつあるようです。

(4)オーデ荒らし系

モデル系のオーデがあると聞けば片っ端から受けまくる、いわゆる「オーデ荒らし系」。

大手事務所の主催する超有名オーデや、人気アイドルグループのオーデはじめ、「キラチャレ」「TCCオーデ」「ちゃおガール」といった中堅どころから、ブランドモデル系の小規模なものまで、その守備範囲は多種多様。

主にエイベックスやスターダストの所属者・スクール生が中心となるわけですが、26期の松田美優ちゃんはもちろん、「僕青」に辿りつくまでの工藤唯愛ちゃんもこのタイプだったりします。


(5)新人・未経験

事務所に入ったばかりで、お仕事経験が無い。または、事務所に籍はあるものの、たいしたお仕事実績が無い。芸歴は長いものの最近パッとしない。

そんなタイプが、一気に脚光を浴びる手段として、ニコラのオーデに挑戦して来るケースです。

実績がある点、ちょっと外れるかもしれませんが、大まかに見ると26期の国本姫万里ちゃんがこのタイプとなります。

(6)(7)無所属

続いては、図解で下段に位置する、芸能事務所に所属しない無所属組。

そのほぼ全てが、(6)一般応募となるわけですが、基本的に一般の中から誰が応募してくるかなど、予想する術はありません。

ただし唯一、27期の美咲ちゃんや、25期の榎本月海ちゃん、さらには24期の高橋快空ちゃんなど(7)リベンジ組について、前年のオーデで【ファイナリスト⇒落選】が1つのヒントとはなりそうです。

第2回に続く

ということで、週末に予定する次回更新分より、ある程度予想が可能な(1)~(4)と(7)につき、それぞれのタイプごとに実名と根拠を挙げつつ予想していきます。

土曜更新予定の第2回は、今年の予想として最も自信がある「小学生モデル系」から【読リー編】となります。

⇒#2【読リー編】