ニコラの編集長が交代する

編集長のお話

ニコラ6月号の10ページ右下。奥付にある「編集長」の欄が、今月号に限って”2人併記”となっています。

これは、2022年6月号の制作中に編集長が交替したことを意味します。

そこで今日は、ちょっと前に書いた「小島編集長は半年以内に退任する説」の正しさが裏付けられたということで、ニコラの編集長に関するお話です。


新体制へ

10ページの編集長欄に併記されていた2人の名前は、以下の通りです。

5月号まで副編集長だった久保田さんが、小島さんと並んで表記されたことで、いよいよ編集長に昇格したことが分かります。

編集長 小島知夏・久保田裕子


新編集長の経歴

そんな久保田新編集長は、今月号にゲスト出演している川口春奈さんがオーデに受かったのと同じ2007年にニコラ編集部に入ると、13年後となる2020年5月号で副編集長に昇格。

そして、副編集長となってからさらに2年後、いよいよトップである編集長就任となりました。

なお、最初に書いた通り、今月号の制作中に編集長交代となったため、表記上は編集長が2人いる状態となっていますが、おそらく7月号からは久保田編集長の単独表記にになるはずです。

編集長と任期

ではここで、ニコラの歴代編集長と、その任期について、改めて振り返ってみましょう。

以下に示す年表は、創刊号である1997年夏号から、最新分である2022年6月号まで、歴代編集長の就任号&退任号を年表形式でまとめたものです。

歴代ニコラ編集長年表


年度 編集長 就任~退任 任期
初代 宮本和英 創刊~03.03月号 5年9月
2代目 山本琢治 03.05~07.11月号 4年7月
3代目 松本美帆子 07.12~12.08月号 4年9月
4代目 眞部菊実 12.09~17.06月号 4年10月
5代目 小島知夏 17.07~22.06月号 5年
6代目 保田裕子 22.06~  


任期5年制

ニコラを立ち上げた初代宮本編集長が5年と9カ月で退任すると、2代目山元編集長が4年7カ月。

以下、3代目松本編集長が4年9カ月。4代目眞部編集長が4年10カ月。

そして、小島編集長が今月号で退任するならば、その任期はピッタリ5年。

こうして、初代は例外として、2代目以降はキッチリ任期5年制が守られていることが分かります。

今後どう変わる?

ということで、編集長が新しくなって、ニコラは今後どう変わっていくのでしょうか。

まあ当面は、26期オーデの実施に、25周年記念の企画などなど、小島編集長の敷いたレールに従うことになるわけで、久保田編集長の独自色が出て来るのは、もうちょっと先になりそうです。