ニコモで最も細い&太いのは?身長体重分布図2021

身長体重分布図

f:id:GYOPI:20210425024752p:plain:rightニコラ5月号には、年に1度の恒例行事「身体測定企画」が掲載されています。

そこでさっそく、同企画で公表されたデータを使い、うちのサイト独自の身長体重分布図を作成。

ニコモで1番やせてるコ&太めのコを、客観的にあぶりだしていきます。


分布図とは

身長体重分布図とは、タテ軸に体重を、ヨコ軸に身長をとった台紙の上に、ニコモそれぞれの値を「点」として打っていくことで、全体の体型分布がひとめで確認できる図表です。

とは言っても、なかなか言葉では分かりづらいので、具体的に作成方法を追っていきます。

まずは、分布図の台紙。以下のものが、まだ何のデータも入っていない、真っさらな台紙となります。

分布図の台紙

f:id:GYOPI:20210425030944p:plain

作成手順

たとえば、ニコラ生徒会長の阿部ここはちゃんと、副会長林芽亜里ちゃんの場合。

こはちゃんの身長は164.0㎝、体重が48.1㎏ですので、図の中の「ヨコ軸(164)×タテ軸(48.1)」が交わる位置に◆印を打ちます。

同様に、芽亜里ちゃんの身長は164.1㎝、体重が42.8㎏ですので、「ヨコ軸(164.1)×タテ軸(42.8)」が交わる位置に◆印を打ちます。

分布図(めあここver.)

f:id:GYOPI:20210425203808p:plain

もうすぐ完成

あとは、この作業を残る22人についても、同じように繰り返していくだけ。

最終的に、全員分の◆印の入った「分布図24人ver.」はこんな感じとなります。

分布図(24人ver.)

f:id:GYOPI:20210425031242p:plain

平均値ライン

とはいえ、これだけでは単に「分布=バラツキ」が可視化されただけ。まだまだデータとしては不十分です。

そこで続いては、全モの平均値を取った「中間値ライン」を引っ張ってみます。

このラインを基準にすることで、ラインより下に行けば行くほど細いコ。逆に、上に行けば行くほど太いコと判別できます。

分布図(平均ラインver.)

f:id:GYOPI:20210425031710p:plain

標準範囲の帯

だいぶ見やすくなってきました。では、この図をさらに分かりやすくするため、ちょっと色を付けてみます。

身長を基準に、平均値ラインから体重がプラスマイナス4.0kgの範囲を、薄いオレンジ色で囲んでみます。

この範囲から外れたコこそが今日のテーマ。下っ側に外れたコは細さナンバーワン。逆に、上っ側に外れたコはモデルとして危険水域というわけです。

分布図(最終完成ver.)

f:id:GYOPI:20210425032611p:plain

やっと完成!

こうして、中間ライン&網掛けの入った分布図が、今回の最終的な完成形となります。

見ての通り、網掛け範囲から飛び出した◆印は、上(危険水域)にも、下(細っ!)にも、それぞれ2つずつ。

そこで以下、「スタイル優秀者」と「要注意人物」について、別個に見ていきます。

細さナンバーワン

2021年の現役ニコモで、みごと細さナンバーワンに輝いたのは、全く同率で吉岡優奈ちゃん近藤結良ちゃんの2人となりました。

両者、それぞれの身長を基準に、ニコモ標準体重からマイナス4.2㎏。優奈ちゃんに関しては、ニコラ史上で初めて小学生のうちに身長が170㎝に到達したという大記録の持ち主で、そのスタイルの良さ&美脚はニコ読の誰もが知るところ。

また、結良ちゃんは結良ちゃんで、身長164㎝にして、体重はギリ40台に乗ったところという、完璧な細さです。

ということで、現ニコラにおいては、この2人がスタイル抜群ツートップになります。

太さナンバーワン

一方、ちょっと不名誉な重い方はどうでしょう。こちらは、ニコモ標準プラス8.3㎏ということで、深尾あむちゃんの圧勝となります。

そこはまあ、表紙を差し換えられた上、急遽ダイエット企画が用意されたという、往年の白井杏奈ちゃん(当時標準プラス9.1kg)ほどではありませんが、それでもこの数字は明らかに危険水域。

もちろん、あむちゃんは去年の秋からお仕事をお休みしていて、まだ”仕上がっていない”ことも要因の1つといえそうですが、とりあえずは今後の努力に期待です。

2位以下は接戦

なお、あむちゃんに次ぐ第2位は、標準体重プラス4.3㎏で平澤遙ちゃん。

第3位はプラス4.0㎏で生徒会長。そして第4位は同率で池未来実ちゃんと北川花音ちゃんが並びます。

ということで、細いトップ5&太めワースト5をまとめた一覧は、以下の通りです。

ベスト&ワースト

f:id:GYOPI:20210425213502p:plain

まとめ

改めて今年の結果を見てみると、24人中で20人が網掛けの帯の中にあるという点、要するに、ほとんどのコの身長に対応する平均体重がプラスマイナス4.0㎏以内に収まっているということ。

優奈ちゃん、結良ちゃん、遙ちゃんにしても、わずか0.2~0.3㎏ほどはみ出しただけであり、明らかに傾向としてニコモの体型が平準化してきています。

そう考えると、今後のニコラは極端に細すぎず、かつ極端に太すぎずといった体型がブームになっていくのかもしれません。