全モ参加オンライン一斉テスト完全データ

科目別成績

f:id:GYOPI:20200918031053p:plain:rightニコラ11月号の企画「オンライン一斉テスト」について、全員分の成績を科目別にまとめました。

みごと第1位となった広瀬まのかちゃんから、最下位の2人まで、それぞれのニコモの科目ごとの得点状況が、ひと目で確認できるようになっています。


ルール

オンラインテストの企画趣旨は、扉ページのリード文に「おバカモと秀才モが明らかに!」とあるように、完全な知識対決です。

内容は、国数英理社の主要5科目に、ニコラ知識クイズを加えた全6科目。

ぞれぞれの科目から4問ずつ出題され、24点満点で順位を競います。

なお、最年少で唯一の小学生吉岡優奈ちゃんに配慮し、出題範囲は小5までに習う内容となっています。

うちの集計ルール

ただし、うちのサイトの集計では、純粋に秀才とおバカを確定させるため、逆転チャンスとして用意されたニコラ知識クイズの得点を除外します。

そもそも、ニコラに関する知識は、頭の良い悪いには関係なく、単にニコラ愛が試されるだけだからです。

ということで、主要5科目、20点満点で科目別の得点状況をまとめると、以下の通りとなります。

一斉テスト科目別の得点状況

f:id:GYOPI:20201008020008p:plain

一覧の見方

上の一覧は、今回のテストの結果を、科目別の得点付きで、学年順に並べたものです。

数字は右から、国語、数学、社会、理科、英語、そして5科目の合計。

さらには科目ごとに、満点(4点)の場合は数字を赤色で囲み、全問不正解(0点)の場合は青色で囲みました。

年長がダンゼン有利

こうしてみると、いくら「問題が小5レベル」とはいっても、パッと見ただけで、年長組が圧倒的に有利だったことが分かります。

境界線は、完全に中2と中3の間。ここを境に、中3以上はいずれかの科目で満点(赤色)だったコが8人もいるのに対し、中2以下は満点がゼロ。

一方、中3以上はいずれかの科目で0点(青色)を取ってしまったコがほとんどいないのに対し、中2以下は凛美ちゃん&太田雫ちゃんを除く全員が、どれかの科目で0点を取ってしまっています。

全モ一斉は微妙

中3は、いままさに現役の受験生だし、高1はついこの春に受験を終えたところ。

こういった単純な学力勝負では、どうしてもお姉さん組が有利だし、ましてや高校生と小学生を、全く一緒の問題で競わせるのは無理があった感じです。

だからこそ、前回(2017年7月号)実施された学力テスト企画は「中学生モ対決」だったわけで、この点は次回以降、再考の必要がありそうです。

後編に続く

ということで、今日のところは全体を見渡しての感想で終わってしまいました。

明日更新する後編では、今回作った科目別一覧を使い、改めて個人成績についてのランキングを出した上で、おバカ&秀才、さらには各自の得意科目や不得意科目など、詳しく見ていきます。

後編を読む