8期新プチモ発表!合格者はオーデ史上最多の8名

オーデ史上最多

f:id:GYOPI:20190823013122p:plain:right本日発売のニコ☆プチ2020年2月号にて、第8回プチモオーディションの合格者が発表されました。

応募総者6,261人の中から、みごと新プチモに選ばれたのは、大里菜桜ちゃん、浦田聖愛ちゃん、森崎美月ちゃん、八木珠梨ちゃん、あんなちゃん、桧山ありすちゃん、石原咲奈ちゃん、藤岡舞衣ちゃんということで、今年の合格はなんと8人に達しました。

以下、今回のオーデについて、応募総数&合格率合格者の学年構成応募形態(事務所所属or一般)の3点に焦点を絞ってみていきます。


歴代オーデ応募総数と合格者数

f:id:GYOPI:20191222024043p:plain
⇒参考:プチモオーディション実施データ

応募総数と合格率

まずは、応募総数と合格率から。上のグラフは、2012年に実施された第1回から、今回結果が出た第8回まで、全てプチモオーディションについて、応募者数と合格者数をまとめたものです。

緑色の折れ線グラフが応募総数の推移を、オレンジ色の棒グラフが各回の合格者数を表します。

応募総数については、前回の8298人と比べ、約2000人の大幅減。それでいて、合格者は過去最多となる8人となったため、今回の合格率は0.127%とオーデ史上最も高くなっています

合格者の学年構成

f:id:GYOPI:20191222033344p:plain

小5と小6が中心

続いては学年構成。上のグラフは、各回の合格者の学年構成をまとめたものです。小6は、小5は、小4はとしています。

これを見ると、基本プチモオーデでは、小4はめったに受からず、大部分が小5(赤色)と小6(青色)で占められていることが分かります。

ちなみに、一気に小4が3人も受かったのが2015年オーデであり、この3人の中に現在ニコラで大活躍する人気ユニット林芽亜里ちゃん&阿部ここはちゃんの”めあここ”が含まれていたりします。

小6が5人

で、今回。史上最多となる8人もが合格したわけですが、その内訳をみると小4が2人。小5は1人。残りの5人は全て小6となっています。

そもそも”小6合格”とはいっても、現実的には2学期が終わるところであり、もうすぐ中1。ニコプチの卒業は新中2になっですぐの6月号ですので、5人はプチモ卒業まで早くも1年半を切っているのです。

ということで、すぐに卒業してしまう小6が5人を占めるという点こそ、大量8人合格につながった理由の1つといえそうです。

応募形態

f:id:GYOPI:20191222025952p:plain

一般応募か事務所所属か

最後は応募形態について。ニコ☆プチのオーディションは、ニコラと違って事務所に所属している人もバンバン受けことができます。

というか、そもそも合格者の大多数が事務所に所属するコたち。一般応募による合格は、各回につきゼロか、多くても1人ということで、基本的にほぼ受かりません。

では、今年の場合はどうだったでしょうか? すると、現時点で「ファンレターの宛先=編集部あて」となっているのは、浦田聖愛ちゃんちゃんだけ。8人もの合格者のうち、一般応募は聖愛ちゃん1人だけだったということが分かります。