ニコラの新中2モ不足問題を解決する"奥の手”とは?

中2不足問題

f:id:GYOPI:20160804023900p:plain:rightニコラ専属モデルの学年構成について、4月からの新学年でみると、高1は7人、中3は8人、中2は2人、中1は4人、小6が1人。

これから増加が見込まれる小学組を除くと、いまだに若林真帆ちゃん&小林花南ちゃんの2人だけしかいない中2世代が、あきらかに不足していることが分かると思います。

もちろん、夏にはニコプチ卒業生として中2の新モ加入があるし、秋のオーデでも中2の合格者が出るかもしれません。

解決のために

ですが、それでも最終的な人数は4人前後まで。もはや、2018年度の中2世代は将来的に全員イメモ当確といった状況になってしまいかねません。

ということで、それくらい深刻なニコラの中2世代不足問題。ではこれに対し、編集部はどう向き合い、どうやって解決していこうと考えているのでしょうか?

今日の三月の転校生では、今後見込まれる新たな中2モの加入スケジュールと、問題解決の奥の手について考えます。

冬季の加入ナシ

おそらく、ある程度ニコラを長く読んでいる読者さんにとって、ここ最近での1番の驚きは、この冬シーズンに「顔みせ」による新モ加入がなかったことではないでしょうか。

例年であれば、年明けの2月号から4月号までの間に、オーディションによらない新モちゃんの加入があることが恒例となっています。

実際、去年は2月号において、当時中1だった草野星華ちゃんが加入。また、2014年の場合は4月号で、当時中1(誌面での表記は「新中2」)だった清原果耶さんが加入しています。

年内は無理

ところが今年は、この時期に新モ加入がありませんでした。顔みせ、もしくは事務所オーデを実施したものの、編集部のお眼鏡にかなうコが現れなかったのか。それとも実施すらしなかったのか。

とにかく編集部は、2018年度に新中2となる世代が2人しかいないことを承知の上で、あえて冬シーズンの補充を行わなかったわけです。

ちなみに、これから後の季節。春から秋にかけて、つまりは5月号から12月号にかけて、オーデ外による新モ補充はかなりの無理筋だったりします。以下、その理由を具体的にみていきます。

ニコプチ枠のみ

5月号は卒業特集であり、卒業生が主役。そこでわざわざ新モを迎え入れる理由がありませんし、過去の加入実績も、もちろんありません。

また、6月号からはいよいよニコモオーデがスタート。ニコモに憧れる普通の読者さんたちが公平にオーデに挑戦する中、事務所の仲介により書類審査をすっ飛ばし、イキナリ面接だけによってニコモ採用となる顔みせは、時期として心情的に難しいところ。

さらに、10月号ではオーデ合格発表。これに続く11月号、12月号は新モ浸透期間として、オーデ同期をセットにして売り込む時期。他の路線から採用した新モ混ぜることは、やっぱり考えられません。

ということで、冬シーズンの最後となる4月号を逃すと、残る唯一の補充機会は、7月号にある定例のニコプチからの進級だけとなるのです。(以下の年表参照)

参考:加入年表

f:id:GYOPI:20180128031708p:plain

オーデでは?

だったら、ニコモになる最も正統的なコースであるオーディションはどうなのか。オーデにおいて、堂々と中2を採用すればいいのではないか。

ところが、コトはそう簡単にはいきません。ここでちょっと、次に示す「オーデ合格学年一覧」を見てください。

以下の通り、ニコラのオーデに合格する学年は「中1」と「小6」が主体。他の学年はというと、数年に一度。あっても各回につき、せいぜい1人が限度といったところです。

低年齢化

なお、グラフからは一見「中2」も15%を占め、そこそこ多いようにも見えますが、これは2000年代の初期オーデに集中しているため。最近では、2013年に合格した中村里帆さんを最後に中2合格は4年連続ゼロとなっています。

加えて、去年のオーデでは、ますます低年齢化に拍車がかかります。合格者の内訳は、小学生5人に対し、中1は花南ちゃん1人だけ。もはや中1ですら年1枠となってしまったのです。

であれば、今年になって再び中2の枠が復活するのは至難の業だし、たとえ復活したとしても、最大で1枠。過去の例からも、また、近年の低年齢化の傾向からも、中2が2人以上合格することは、おおよそ考えられないというわけです。

参考:歴代オーデ全合格者の学年

f:id:GYOPI:20170913022505p:plain

中1・・・50人(51%)
小6・・・29人(29%)
中2・・・15人(15%)
小5・・・ 3人(3%)
中3・・・ 1人(1%)


奥の手とは?

現在の2人に、夏のニコプチからの進級を加えて3人。新中2世代は、このまま3人で終わってしまうのでしょうか。また、万一オーデで1人が受かったとして、4人で終わってしまうのでしょうか。

この点、同学年が3人だけだったら、最初に書いたように全員イメモ当確となり、競争自体が起こりません。

また、4人だったら4人だったで、残り1人だけがイメモ落選となり、これはこれでかわいそうな話です。

そこで、現在の高2のように、なんとか最低でも5人にしたい。同学年は少なくとも5人は必要である。編集部はそう考えているはずです。ではどうするのか。実は奥の手があるのです。

ニコプチから2人採用する

基本、ニコプチ進級は毎年1人となっています。しかし、実際の進級者はというと、第1号である2008年の伊藤夏帆さんから、2017年の黒坂莉那ちゃんまで、過去10年で、9人しかいません。なぜかというと、2014年のみ採用ナシとなっているからです。

こうして、現実に採用ナシの年があるのだから、ルール上「毎年ゼッタイ1人だけ」と決まっているわけではないことは明らかです。ふさわしいコが2人いたなら、必要に応じ2人採用しちゃえばいいだけです。

幸い今年のニコプチには、高田凛ちゃん&安村真奈ちゃんという、近年まれに見る高レベルの素材がそろっています。

凛ちゃんは、香音ちゃん以来となるニコプチでのピン表紙経験者にして読者人気ナンバーワン。一方の真奈ちゃんは、身長166cmでスタイル抜群。そのオトナっぽいルックスは、まさにニコラ向きといえます。

まとめ

凛ちゃんに真奈ちゃん。タイプは全く異なりますが、どちらも捨てがたく、どちらがニコラにいっても誰もが納得するはずです。

となれば、もう今のニコラには中2も少ないことですし、いっそのこと、まとめて2人とも採用しちゃうというのはどうでしょう。

というとで、結論です。中2ニコモ不足問題を解決する最終手段として、今年のニコプチ卒業生から、セットで凛ちゃんと真奈ちゃんの2人がニコラへ進級すると予想してみます。