三月の転校生

中学生雑誌nicolaに関する日記

【期限切れ?】高橋快空ちゃんの神通力

不人気編

前回は、ニコラTVで2024年上半期に配信された動画全61本を対象に、「人気トップ10」を見てきました。

人気動画があれば、その対極として、不人気動画もあるということで、今日は続編。

この半年で最も再生数が伸びなかった「不人気ワースト5」を発表していきます。


集計ルール

集計ルールと、ランキングの見方は、きのうのトップ10編と一緒。

2024年1月1日から6月30日までの間に公開された動画を対象として、再生回数の少ない順に並べました。

データは左から順に「再生回数」「動画タイトル」「登場ニコモ」となります。

ワースト5



最も不人気だったのは?

ほとんどの動画が1万を超えていて、4ケタ再生は数えるほどしかありませんでした。

そんな中、不名誉なワースト1位に輝いたのは、意外にも高橋快空ちゃんの韓国ピン動画で、【3,720】再生でした。

しかも、次点で【5,020】再生となっている十文字陽菜ちゃんたちの動画は、つい先週配信されたばかりであるのに対し、快空ちゃんの動画は5月に配信されたもの。

1カ月以上も先に出ていながら、すでに1300回も差をつけられているように2024年上半期ダントツの不人気動画となります。

2位~5位

ワースト2位についてはすでに書いた通り、配信からまだ13日しかたっていないということで、配信時期の差も大きそう。

以下、3位が白水ひよりちゃん&星名ハルハちゃんの仲良し動画。

4位が快空ちゃんをはじめとするユニジェネ3人による写真加工アプリの使い方。

5位が吉本麗南ちゃんによるメイクピン動画となっています。

世代交代の法則

ということで、去年の生徒会長で人気ナンバーワンだった快空ちゃんの出演動画が、なんとワースト1位と4位に入っているという。

この点、高1ニコモはイメモ・役職から外れた場合、一気に注目度が下がり、インスタのフォロワー数も伸びなくなる。

さらに年が明け、卒業が迫ってくると、高1全員の注目度が下がり、全員のフォロワー数が伸びなくなるというのは、ニコ読の間でよく知られた話。

いわゆる世代交代ということで、卒業を待たず、読者の目は早々に次期イメモ&次期生徒会長が選ばれる中3(新高1)に向くことになるのです。

勝ち馬に乗る

要は勝ち馬に乗る心理。読者は現金なもので、間もなく卒業していくコより、これから中心となっていくコに興味が移る。推しを変える。

実際、今回見てきたワースト5のうち、実に3本がユニジェネ出演の動画である点、世代交代の法則が裏付けられたといえます。

ちなみに以下の通り、小松崎ふたばちゃんをはじめとする高1のインスタのフォロワー数からも、ひと足早い”勝ち馬心理”を見て取ることができそうです。

【2024上半期】ニコラTV人気動画TOP10

人気ランキング

2024年も半分が終わったということで、この半年のニコラTVを振り返る企画「人気動画トップ10」です。

今年上半期に投稿された動画で、最も人気があったのは? また、その動画に出ていた出演ニコモは?

今日は、視聴回数トップ10を、ランキング形式で発表していきます。


集計ルール

以下のランキングは、ユーチューブチャンネル「ニコラTV」に、2024年1月1日から6月30日の間に投稿された動画のうち、再生回数が多い順に1位から10位までを並べたものです。

集計は7月5日の23時。対象は通常の動画に限定し、ショート動画は除外。

データは左から「再生回数」 「動画タイトル」「その動画の出演者」となります。

トップ10



そのまちゃんが1位

結果はこの通り。今年上半期、最も多くの人に見られた動画は松尾そのまちゃんのピン動画で、休日に密着したもの。

他にも、そのまちゃんは5位に初表紙密着動画が入っていて、これも出演はピン。

さらには、6位、7位、10位も、そのまちゃんが出演する動画ということで、もう上位10本中、実に5本に出ていることになります。

2位は来泉ちゃん

一方、2位には稲垣来泉ちゃんがカバンの中身を紹介するピン動画が入ったわけですが、注目すべきはその投稿日。

最近見た覚えのある人も多いと思いますが、この動画はつい先週に投稿されたばかりなのです。

要はたった6日間で、早くも4万超え。今も1日数千ペースで伸びていている点、もうちょっと前に公開されていれば1位も十分に狙えたはずです。

ユニジェネが3位

続く3位&4位には、ようやく今年の卒モである高橋快空ちゃんたち”ユニジェネ”の出演動画が登場。

内容としては、9人全員が出演する卒業式とお泊り企画*1なわけですが、例年であれば、卒業式の動画が再生数1位になるというのが定番なのです。

ところが今年に限っては、そのまちゃん&来泉ちゃん、それぞれのピン動画が卒モ動画を超えたということで、いかに2人の人気があるか分かります。

梨里花ちゃんも健闘

以下、6位、7位、9位には梨里花ちゃんの出演動画が立て続けに入っています。

梨里花ちゃんについては、そもそもニコラTVへの出演数自体が多いこともありますが、そこは何より子役出身としての経験から、MC役の進行やアドリブ等が安定しているから。

上位入賞こそ逃したものの、ニコモ最年少ながら早くもニコラTVに欠かせない存在となりつつあります。

ツートップ

ということで、以上まとめると、今のニコラTVは、そのまちゃん、来泉ちゃん、梨里花ちゃんの3人が中心となって回している。

中でも、そのまちゃん&来泉ちゃんのツートップは、それぞれ圧倒的な人気があり、この2人が出演するだけで再生回数もグングン伸びる。

それはそうでしょう。そのまちゃんのインスタのフォロワー数は【9万】。来泉ちゃんにいたっては【16万】を超えているように、ニコ読以外にも支持されている、というか、むしろニコ読以外のファンのほうが多いのです。

一般知名度の差

他方、ニコ読からは、上記2人以上に人気があるとされる伊藤沙音ちゃんや小松崎ふたばちゃんのピン動画の再生回数は、1万前後にどまります。

そこは世間一般における知名度の差。

いくらニコ読から人気があったとしても、活躍の場がニコラの中に限定されるかぎり、再生回数は最も伸びても3万前後がやっとというわけです。

ニコモに必要なもの

ということで、現編集長が求めているのが、まさにこれ。

ニコモには、なるべく多く外仕事で活躍してもらい、知名度を上げ、それをニコラに還元させる。

そのまちゃんが、史上最年少でイメモに抜擢されたことからも分かる通り、これが出来るニコモこそ、今のニコラに必要とされているのです。


今後の展望

であれば来年。 そのまちゃんと同等か、それ以上の知名度&外仕事実績を誇る来泉ちゃんが、イメモなど何らかの役割りに抜擢されるのは間違いないところ。

また、今週末にちょうど2次審査が行われる28期オーデにおいても、去年のそのまちゃんや梨里花ちゃんのような「即戦力タイプ」「女優系」 が、確実に受かってくるのではないでしょうか。

*1:池端杏慈ちゃんは欠席

【ヒロイン役】池端杏慈ちゃん映画出演

実写映画初出演

きょう4日、今年のニコラ卒業生で、ポカリのCMに出演中の池端杏慈ちゃんの映画出演が発表されました。

11月15日に公開される『矢野くんの普通の日々』で、杏慈ちゃんはヒロイン”吉田清子”を演じます。

杏慈ちゃんといえば、ニコ読の間ではセブンティーン行きが期待されているわけですが、女優業専念の可能性も高まってきました。


矢野くんの普通の日々