今年のニコラ卒業生セブンティーン行きは何人?

ニコラ⇒ST

f:id:GYOPI:20190126021944p:plain:right2019年のニコラ卒業生によるセブンティーン行きは、いったい何人になるでしょうか。

現時点での候補としては、南沙良ちゃんと秋田汐梨ちゃんの2人が有力とされるわけですが、そのどちらか一方なのか。それとも2人セットなのか。

ということで今日のテーマは、今年のニコラ卒業生によるST行きの人数です。具体的に「誰が?」「どっちが?」ではなく、何枠あるかについてみていきます。


ST採用人数の法則

あまり知られていないことですが、実はセブンティーンの新モ採用には、時期と人数につき、ハッキリとした法則が存在します。

そこでまずは、以下に示す「ST新モ加入年表」を見て下さい。これは、STに新モが加入した月号と、その加入経緯を年表形式でまとめたものです。

ST新モ年表

f:id:GYOPI:20190104212306p:plain

年表の見方

ここから、ST専属モデルになる方法として、「事務所オーデ」と「公募オーデ(ミスST)」の2種類があること。

また、事務所オーデには、3月号加入と9月号(or7月号)加入の2パターンがあること。さらには、公募オーデには、10月号加入しかないことが分かります。

つまり、STに新モが加入する時期というのは毎年ほぼ決まっていて、3月号、9月号(or7月号)、そして10月号の3回(or4回)しかないのです。

ニコラ卒業生の加入パターン

続いては、今日の本題であるニコラ卒業生に絞って話を進めます。改めて、上の年表をみてください。

年表中、ニコラ卒業生は、名前を水色の丸で囲んでいるコたちなわけですが、その加入パターンは明白です。

もはや、ニコラからやってくる新モちゃんは、完全に9月号から加入と決まっているのです。

たしかに、ニコラを5月号で卒業して、さっそくセブンティーンに7月号から加入するというのは、時間的にギリギリで間に合わない。

一方で、次の8月号加入となると、その号では目玉企画「ミスSTのファイナリスト発表」がある。となると必然、ニコラ卒業生については最速で9月号加入しか選択肢がないわけです。

人数は?

では、人数はどうなのか。STの新モ採用人数には、いったいどんな法則があるのでしょうか。

そこで、再び年表を見てもらうのですが、こんどは、年度別に年表をヨコに見ていくことにします。

すると、ミスSTは年ごとに大きく人数にバラつきがあり、最少の2人から、多い年には6人もの合格者が出ていたりします。

他方、事務所オーデについては、前期(3月号加入)と、後期(7月号加入)を通算して、最少の2人から、最多で4人の枠があることがわかります。

新モ年表(年別人数)

f:id:GYOPI:20190126025130j:plain

事務所オーデの法則

事務所オーデについて、さらに詳しくその内訳を見ていきます。するとここに、前期の採用人数と、後期のニコラ卒業生の採用数との間に、ハッキリとした関係が見えてくるのです。

具体的には、2015年と2017年のように、3月号で事務所オーデによる採用がゼロの場合、後期でニコラ卒業生が2人セット加入できる余地がある

他方、2016年と2018年は、3月号で2人採用したため、必ず後期のニコラ卒業生枠は1人で打ち止めとなっているのです。

坂道系との争い

なお、ここで、2017年のケースにつき「余地がある」としたのは理由があります。

そもそも例年通りなら、2017年はニコラは2枠確保が可能ですので、本採用の久間田琳加さんにプラスして、同じニコラ卒業生からもう1枠、鈴木美羽さんを加えた、ニコ読にとっては夢のみうりんセット加入が実現していたはずです。

しかし現実はといえば、人気上昇中のアイドルグループ乃木坂46から、当時の新メンバー(3期)である久保史緒里さんが加入となりました。

つまり、前期の採用がゼロだった場合、そのまますんなり確実にニコラに2枠が与えられるのではなく、あくまでニコラの確定枠は1つのまま。

残り1枠は、ニコラ卒業生の2番手とされるコがST加入を希望するなら、同様にST入りを狙う人気アイドルさんや、各事務所の推しさんたちと、正々堂々、競争によって勝ち取らなくてはならないというわけです。

ST新モ年表(事務所オーデ限定)

f:id:GYOPI:20190126040957p:plain

図解入り年表の見方

ということで、上に示した年表をみてください。これは、加入経緯を事務所オーデに限定した上で、ここまで見てきたことを図解として書き加えたものです。

改めて復習すると、2016年と2018年は、3月号加入が2人だった(年表中赤枠囲み)。ゆえに、ニコラ卒業生による9月号加入は1枠だけとなりました。

一方で、2015年と2017年は、3月号加入がゼロだった(年表中×印)。ゆえに、9月号で、ニコラから2人が採用される余地があったわけですが、2017年については、乃木坂が競り勝ち、久間田さんだけにとどまりました。

セブンティーン3月号に注目

以上まとめると、何が言えるのか。ようするに、来週発売となるセブンティーン3月号の誌面を見れば、今年のニコラ卒業生の採用枠が分かるということです。

もし、3月号から新モが入ってきたなら、現トレガル世代からのセブンティーン行きは9月号で1人だけ。もし、だれも新モが入ってこなかったなら、2人セットの可能性も出てきます。

果たして、女優系ニコモを代表する沙良ちゃんなのか。それともニコラ現役1番人気の汐梨ちゃんなのか。はたまた生徒会長の川床明日香ちゃんなのか。

さらには、この中から何人行けるのか。ニコ読としては、とりあえず、セブンティーン3月号での新モ加入の有無に注目することになります。

ティーン誌モデル視点で見るドラマ3年A組

活躍度一覧

f:id:GYOPI:20190125005303p:plain:right今やっているドラマ「3年A組~今から皆さんは、人質です~」には、各ティーン誌のモデルさんが、生徒役で多数出演中。

なにより、死んでしまったレイナ役の上白石萌歌ちゃんに、彼氏が死んでしまったスズネ役の福原遥ちゃんといったピチレモン休刊時メンバーが、主役の永野芽郁さんに次いで活躍しているのが、元ピチ読としてはうれしい限り。

さらに、ニコラからは現役ニコモ人気ナンバーワンである秋田汐梨ちゃんも出演していることですし、ここでちょっと、生徒役各ティーン誌モデルとその所属雑誌、さらには第3話終了時点での活躍度(★印5段階評価)を整理してみます。


セブンティーン専属モデル

永野芽郁(カヤノ役)★★★★★
横田真悠(サラ役) 
箭内夢菜(ミサキ役)

主役の永野さんは別格として、その他の2人は、いまのところ目立った活躍は無し。箭内夢菜さんにいたっては、第3話で「犠牲者」に指名されてしまいました。横田真悠さんはさすがに美人だし、身長も大きいし、セリフが少なくても目を引きます。

ピチレモン専属モデル(休刊時)

上白石萌歌(レイナ役)★★★★
福原遥  (スズネ役)★★★
大原優乃 (ユウカ役)

モカちゃんは、そもそもこのドラマのテーマが「レイナの自殺した理由を探す」というものであるので、最も重要な役どころ。毎回、回想シーンで出番も多いです。

一方、はるんちゃんは、生きているクラスメート役の中では、川栄李奈さん&今田美桜さんと並ぶ2番手扱い。こちらも毎回見せ場アリということで、旧ピチレ勢がんばってます。

ニコラ専属モデル

秋田汐梨(リン役) ★

ただ1人のニコラ代表である汐梨ちゃんはといえば、ここまで目立った活躍はナシ。ただし、他誌モデルたちがこれだけ活躍しているし、やたら「映え命」な役柄がアピールされているしで、そう考えると今後、汐梨ちゃんメーンの回があるかもしれません。

ちなみに、そもそも永野さんはニコラ出身(2016年卒業⇒同年ST行き)であり、4代目レピピイメモ。広い意味では、ニコラ枠で括ることもできそうです。

座席表

f:id:GYOPI:20190126031102p:plain

私服SNAPで判定!ニコモおしゃれナンバーワンは?

私服SNAPから

f:id:GYOPI:20190123005017p:plain:rightニコモの私服おしゃれナンバーワンは誰だと思いますか? やっぱり、私服総選挙1位の白井杏奈ちゃんでしょうか? それともTNM私服評価トップの藤本林花美愛ちゃん?

今回は、とくにニコラ公式インスタの私服SNAPに付けられた、ニコ読さんたちからの「いいね!」数を基に、ランキングを出してみたいと思います。

なお、今回用いるデータは、TNMステージ3の予想で使ったものを再利用しているため、対象は中学生以下の全モ22人となります。


ルール説明

TNMでは、獲得したいいねの数が、そのままポイントとなったため、とにかく投稿したもの勝ち。

投稿数が多ければ多いほど、ボーナスポイントとしての加算が増え、圧倒的に有利だったわけですが、あえて今回は投稿ごとの質で勝負します。

具体的には、いいね数の平均値で比較。投稿1コあたりに付いたいいねが、最も多い順にランキングしてみます。

対象期間は、TNMと同じ10月1日から11月11日に投稿された分まで。すでに期間中、最後の投稿から1カ月以上たっているので、投稿時期の速い遅いによる補正はナシ。

全投稿を一律12月28日時点で付いていたいいね数で集計します。さてさて、真の私服おしゃれナンバーワンは、誰になるのでしょうか?

いいね数ランキング(平均値)

f:id:GYOPI:20190123010042p:plain

ナンバーワンは花南ちゃん!

1つの投稿に対する全体の平均いいね数は2083.6コ。こうして、下は1500から、上は2700まで、かなりの幅があるということは、読者は単に好きなコだから、単に推しだからといった安易な理由で「いいね!」を押しているのではなく、しっかりとその投稿につき、私服の良し悪しで判断していることが分かります。

ということで、そんな獲得いいね数の平均値が最も高かった、私服おしゃれナンバーワンは小林花南ちゃんでした。

花南ちゃんは、集計期間中に3つ投稿。そのいずれもが、2300いいねを超えているように、高いレベルで安定した支持を獲得。

もちろん編集部も、花南ちゃんの私服SNAPでの評判や、最近の人気の上昇については承知しているわけで、となると初表紙も近そうです。

個別トップは奈菜ちゃん!

一方、対象期間中の全投稿の中で、個別に最も多くのいいねが付いた投稿は、誰のものだったでしょうか?

すると、上のランキング一覧中に「赤丸」で囲んだ通り、野崎奈菜ちゃんの10月7日投稿分。なんと、奈菜ちゃんのこの投稿は、今回対象とした全部で62コの投稿中、最多となる2695いいねを獲得しました。

そんな、ニコ読から最も支持された奈菜ちゃんの私服はこちら。まだ見てない人は、ぜひ見てみてください。
私服SNAP|野崎奈菜